読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

神川監督ってどんな人?

 少し時間が経ってしまいましたが、鳴尾監督の退任と共に発表された神川氏の監督就任には、たいへん驚かれた方が多いのではないでしょうか。神川氏を知っていた人は多くないと思いますが、「明治大学サッカー部監督、ユニバーシアードサッカー日本代表監督を歴任」と聞けばサッカー好きなら「そんな大物がグルージャに?」という感想を抱いたはずです。

 

 私も「長友選手の明治大学時代の恩師」というキーワードで、そんな人いたな・・・という程度の認識でしたが、グルージャのコネクションには全く期待しておらず(失礼)、グルージャらしからぬ早いタイミング(最終節前)での発表だったので(失礼)、とにかくびっくりです。ちゃんとそれなりの給料は提示されたのでしょうか(本当に失礼)。

 【盛岡】新監督に神川 明彦氏が就任

   どのような経緯でグルージャ監督に決まったのかは全く不明ですが、とにかく期待させてくれる人事ではあります。

 さて神川氏とはどのような人なのでしょうか。彼の経歴を追っていきながら、グルージャ盛岡ではどんなサッカーを見せてくれるのかを妄想していきましょう。

 選手としての神川氏は鎌倉高校時代にインターハイ、高校選手権で活躍され、国体優勝も経験しています。明治大学卒業後はそのまま明治大学職員となり、サッカー部コーチに就任されました。2004年からは明治大学監督となり2014年からユニバーシアード日本代表監督となっております。明治大学を現在の強豪校に引き上げたのは紛れもなく神川氏の功績であり、監督時代の成績は素晴らしいものです。

 2004 関東大学2部:3位

 2005 関東大学1部:9位 

 2006 関東大学1部:3位

 2007 関東大学1部:優勝

 2008 関東大学1部:5位

 2009 関東大学1部:3位   全日本大学サッカー選手権:優勝

 2010 関東大学1部:優勝   全日本大学サッカー選手権:ベスト8

      総理大臣杯:ベスト8

 2011 関東大学1部:準優勝  全日本大学サッカー選手権:準優勝

      総理大臣杯:ベスト4

 2012 関東大学1部:準優勝  全日本大学サッカー選手権:ベスト8

 2013 関東大学1部 3位   全日本大学サッカー選手権:ベスト8

      総理大臣杯:準優勝

 2015 ユニバーシアード 3位

 明治大学監督時代に育てた選手としては、小川佳純選手(名古屋)、橋本晃司選手(川崎)、長友佑都選手(インテル)、藤田優人選手(柏)、林陵平選手(山形)、山田大記選手(カールスルーエ)、小林祐紀選手(新潟)、丸山祐市選手(東京)、三田啓貴選手(東京)、矢田旭選手(名古屋)など錚々たる顔ぶれが揃っております。

 目指すサッカースタイルについては、ほとんど明治大学サッカー部の試合は見たことが無いので不確かですが、ネットから得られる情報では伝統的に4-4-2でパスを繋ぐサッカーだったようです。

 ユニバーシアード代表では攻撃時4-3-3、守備時4-4-2でボール保持を目指しながらも堅守速攻も可能とするチームを目指していたようです。

 現在のグルージャに当てはめると

         谷口 工藤(高橋)

     森   松田 林(益子) 高瀬

     田中  小林  畑本   守田

           横山

みたいになりますか。恐らく来季、半分は新加入選手に代わっていることと思いますが・・・。

 神川氏の人柄はインタビューをいくつか読むと、「人間形成に一家言ある、情熱溢れるインテリ派」といったところでしょうか。この辺は鳴尾前監督と通じるものもあります。

 当然、大学サッカー界には幅広い人脈があることでしょうから、伸びしろのある大卒ルーキーを集めてビシビシ鍛え、チームを活性化させて頂きたい。長友選手や山田大紀選手がグルージャに加入することは100%あり得ませんが、強化だけでなくイベント方面でも広い人脈を生かしてほしいとも思います。

  監督以外の神川氏の顔としては、全国サッカー教育協会(FEA)の会長でもあり、サッカー指導者への教育支援やサッカーを通じた能力開発支援なども行っております。因みにサッカー教則本も出しています。

 2014年からプロアスリート専門のマネージメント会社と契約しており、プロ指導者としての準備は万端のようです。明治大学職員という安定した立場を捨ててグルージャに来た神川監督。ぜひ上位カテゴリーチームからの引き合いが来る程、グルージャで活躍して頂きたいものです。