グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

2016シーズンJ3クラブ戦力分析 AC長野パルセイロ編

 グルージャの沖縄での第3次キャンプも本日で終了。昨日のFC琉球とのトレーニングマッチは1-3で負けてしまったようですが、先日のFC岐阜戦同様、朝5時台からの3部練?状態で疲れもピークでの試合ですから、全く気になりません。それよりも、豊嶋選手ブログでの神川監督の発言

「今、Jリーグ全50数チームの中で一番練習しているのは間違いなく君たちだ。」

に痺れます。大きな怪我人も無く、良いトレーニングが消化出来ているようで何よりです。

 さて当ブログも豊嶋ブログに負けずに更新していきます。今日の戦力分析=素人妄想の垂れ流しは、AC長野パルセイロ編です

f:id:zenbuddhist:20160215222508j:plain

 

 昨季は優勝のレノファ山口、2位の町田ゼルビアに勝ち点8P差の3位と悔し涙を飲んだ長野パルセイロ。2016シーズンは三浦文丈新監督の下、三度目の正直のJ2昇格に臨みます。 

 以下、AC長野パルセイロの昨季の成績、今季の選手一覧、予想フォーメーションです。選手一覧に記載の記録は、2015シーズンのJリーグ、JFLのみです。

f:id:zenbuddhist:20160214185101j:plain

f:id:zenbuddhist:20160214185144j:plain

 主力選手はほぼ残留し、ベテランストライカーの塩沢選手、荒田選手、左右両サイド可能な夛田選手、守備的ユーティリティの阪田選手など、バランスの良い補強が出来ていると思います。FWの層の厚さはJ3ではピカイチでしょう。

f:id:zenbuddhist:20160215213824j:plain

 三浦文丈監督がどういうフォーメーションを組むのか全く情報がありませんが、昨季アビスパ福岡でコーチをしていたことと(井原監督は3バックを多用)、昨季までの長野パルセイロのフォーメーションを考えると、今季も3-4-2-1と見るのが妥当でしょうか。

 ベテランが多く平均年齢の高さが若干気になりますが、私は長野パルセイロ大分トリニータ栃木SCを差し置いて、J3優勝候補筆頭だと考えています。

 でも昨季はなぜか11位のグルージャとは1勝1分1敗の五分(しかも長野ホームは1分1敗)だったんですよね。長野パルセイロ側から見ると、グルージャに対しては苦手意識を持っているかもしれません。今季はきっちり借りを返される気もしますが、昨季第31節のように気持ちで負けない激しいプレーをグルージャには望みます。

www.youtube.com