読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

2016シーズンJ3クラブ戦力分析 ガイナーレ鳥取編

 昨日はグルージャVS仙台大学のトレーニングマッチが行われ(45分×3本)、2-2の引き分けだったとのことですが、内容はかなり酷かったという情報が入っております。疲れは溜まっているのでしょうが、そろそろ試合内容を気にしなくてはならない時期にきています。3本目に2得点していますが、相手は1軍引っ込めて2軍3軍レベルを出してきたそうですから…。

 松田選手、高瀬選手、土井良太選手は出場していませんでしたが、連れて行かなかったようです。怪我で無ければ良いのですが。しかし現段階では誰がスタメン候補としてリードしているのか、全く分かりませんね。そろそろある程度選手の序列を付けて、チームを纏めに入らないとエライことになる気が…。本日予定が発表された第4次キャンプに期待しましょう。

 で、本日は戦力分析ガイナーレ鳥取編。

f:id:zenbuddhist:20160215225106j:plain

 

 ガイナーレ鳥取は過去数シーズンのJ2経験がありながら、債務超過の問題から現時点ではJ2ライセンスを持っておりません。恐らくこれから2017年のJ2ライセンスを申請し、今年9月末にその審査結果が発表されるため、そこで認められれば一応今季の結果如何でJ2昇格は可能となります。3年目のJ3となる今季に期待するサポーターも多いと思いますが…。

  以下、ガイナーレ鳥取の昨季の成績、今季の選手一覧、予想フォーメーションです。選手一覧に記載の記録は、2015シーズンのJリーグ、JFLのみです。

f:id:zenbuddhist:20160214190510j:plain

f:id:zenbuddhist:20160214190630j:plain

  主力選手はかなり入れ代っております。中でも得点源の中山選手、畑田選手、安藤選手が抜けたのは、非常に痛い。黒津選手、前田選手と実績ある選手が新加入しておりますが、この得点の穴を埋めるのは相当キツイでしょう。一方守備陣では、J1、J2で実績のある片岡選手と中島選手の新加入は心強い補強です。

 本当はもう少し攻撃陣も手を入れたかったのでしょうが、J2ライセンス取得のための財政的な縛りがきつかったのでは無いでしょうか。

f:id:zenbuddhist:20160222205550j:plain

 フォーメーションは全く情報がありませんでしたが、エルゴラッソサッカーダイジェストともに選手名鑑ではツリー(4-3-2-1)を採用していたので、恐らくそうなんだろうということで真似しました。でも柱谷監督は水戸ホーリーホック時代に4-3-2-1はやって無かったの思うのですが…。

 グルージャから見れば羨む戦力ですが(特にDFが羨ましい)、これで優勝争い出来るかというと…厳しいでしょう。普通に考えれば失点は減るかもしれませんが、得点は間違い無く減るでしょう。サポーターには申し訳ありませんが、今季は新監督の下我慢して土台を作り、勝負は2017シーズンに、というのが一般的な見方かと思います。しかし何が起こるか分かりませんので、蓋を開けたら鳥取が首位独走ということも無いとは言えません。

 グルージャ目線では、昨季はここにトリプル(3敗)食らっているんですよね。ゴール前のクオリティの差を見せつけられての敗戦でした。今季はぜひ借りを返しましょう。とりスタも一度行ってみたいのですが、遠すぎるな~。