読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー J3リーグ第1節 セレッソ大阪U-23 vs グルージャ盛岡

 昨日は記念すべき神川グルージャの公式戦初戦であるJ3第1節VSセレッソ大阪U-23戦が、アウェイのキンチョウスタジアムで行われました。結果は皆さんご存知の通り、非常にほろ苦いものとなってしまいましたが、私はこの敗戦をポジティブなものとして捉えています。いろいろ書きたいことはあるのですが、順を追っていきましょう。

グルージャ、初戦黒星 課題の中に手応えも岩手日報

 

f:id:zenbuddhist:20160314215131j:plain

f:id:zenbuddhist:20160314045539j:plain       

f:id:zenbuddhist:20160314215040j:plain

 まず最初にスタメンからですが、私は重大な間違いを犯しておりました。土曜日のJ1またはJ2に出場した選手は、日曜日のJ3の試合には出場出来ないと思っていたのですが、「同一開催日で無ければ出場は可能」というレギュレーションになっておりました。私は当ブログのプレビュー記事で、「土曜日の試合に出場した澤上選手の日曜日出場は無い」と書いてしまいましたが、全くの誤りです。申し訳ございません。

 で、グルージャのスタメン選手予想は全問正解でしたが、セレッソについては上記の誤りを含めて全く当たっていませんでした。フォーメーションは4-2-3-1では無く、4-4-2。オーバーエージ枠はGK丹野選手、武田選手、DF小谷選手、MF清原選手ときっちり4選手使ってきました。小谷選手はあるかな、と思っていましたが、清原選手を使ってくるとは…(ちなみに清原選手はツエーゲン金沢時代の2014シーズンにグルージャから3得点挙げてます)。

 グルージャはTRMのときと同様、短いパス主体に創っていきます。神川監督の方針として「縦に繋げることが可能ならそれが一番早くて良い、タッチも少ないほど良い」というのが恐らくあるので、とにかく可能な限りワンタッチであまり角度を付けないパスを狙って、早い攻撃を仕掛けていました。またFKやスローインのリスタートが異常なまでに早く、これも神川監督から口酸っぱく指導されていることなのでしょう。恐らく今季のJ3では、アクチュアルプレーイングタイム№1になれると思います。

 セレッソは下馬評通り積極的に体を張って前にプレスをかけてくるスタイル。負け惜しみではありませんが、現在のグルージャの三原則(運動量、球際、切り替え)がどの程度か試すには、絶好のスパーリングパートナーとなりました。

 五分の展開のなか、33分に谷村選手CKから土井良選手が頭で擦らせて牛之濱選手が繋ぎ、久保選手が押し込みゴーーール!と思いきや、オフサイド。確かにハイライト映像で見ると、靴1足分くらい出ているかと言った感じでした。この辺までは今日はいけると思ったんですが…。

 42分にセレッソ温井選手CKに、清原選手が右からするする上がって来て豪快なジャンプヘッドでゴール。安楽選手がマークに付いていたのですが、やられてしまいました。清原選手は160cm台の身長なのですが、あの飛び込んでのヘッドは得意としているのでしょう。異常な高さでした。

 ハーフタイムの選手交代は無し。51分に谷村選手?の長めのパスから土井良選手が裏に抜け出し、GKと1対1になるも、丹野選手が突っ込んで肩でブロック。惜しい。直後に両者激突し、丹野選手が土井選手の膝蹴りを顔面に喰らう格好に(もちろん全くの偶発的事故)。丹野選手、血が止まらず武田選手に交代。しかし丹野選手スタメン、負傷交代で武田選手って何かズルい気がするのは私だけでしょうか。

 グルージャは谷口選手、工藤選手と続けて投入し、攻撃を試みますが、あと一歩ゴールに届きません。

 85分、意識が前がかりになっていたところに、ゴール近くで清原選手に前を向かれてパスを出され、米澤選手が裏に抜けて冷静に流し込みゴール。米澤選手、チャンスをしっかりものにするところはさすが。悔しいけど清原選手のパスも素晴らしかった。清原選手に対するプレスが遅れたこともありますが、鈴木選手、畑本選手の相手へのマークが曖昧になってしまいましたね。

 最後までセレッソのゴールは割れずに終了。無念…。

 神川グルージャがやりたいサッカーというのは、よく分かりました。神川監督が掲げる三原則についても、選手は忠実に行おうとしていましたし(神川監督からは「まだ遅い!」の声も出ていましたが)、終了のホイッスルが鳴るまで、諦めることなく懸命にボールを追いかけていました。何度か決定機も作れていたので、ほんの僅かの運があれば、引き分けることは十分可能でした。今日のセレッソU-23は決して弱いチームではありませんし、このチームとほぼ五分にやれたのはある程度自信を持って良いのではないでしょうか。勝てれば一番良かったのですが、全く新しいグルージャの第一歩として、私は悪くない試合だったと思っています。

 但し、当然反省点はある訳で…。以下、気になったことを少し。

 土井良太選手以外の選手は、全ての空中戦で全敗ではないかというくらい、頭上のボールをセレッソに取られていたのが気になりました。選手の背を高くする訳にはいかないので、最低限、相手のセットプレー対策は入念に練らないと、良いカモになってしまいます。

 それからCHの2人は、もう少し攻撃に絡めないものでしょうか。真ん中に穴を開けられないので、これは廻りの選手との連携的なことになってくるのですが、CFとSH主体の攻撃ではどうも単調になるきらいがあると思えたので。

 私が選ぶグルージャで最も良かった選手は、やはり牛之濱選手。セレッソの選手たちも彼には脅威を感じたことでしょう。何度も言いますが彼は格が他の選手と違う気がします。本当によくグルージャに来てくれたものだと思います。

 また、どこまで神川監督の影響か分かりませんが、谷村選手は明らかに運動量、球際とも一段レベルアップしました。顔つきも昨季とは変わってきたような気がします。今後が非常に楽しみです。

  Jリーグデビュー戦となった3人(安楽選手、鈴木選手、久保選手)は、及第点と言える出来だったのではないでしょうか。本人達は失点に絡んでしまい、昨晩は悔しさで眠れなかったかもしれませんが、私は自信を持って良い内容だったと思っています。今後も堂々とプレーして欲しいです。

 以下、私が撮った下手な写真。

 ↓アップ前談笑

f:id:zenbuddhist:20160314043510j:plain

↓アップ前スタッフ含めた円陣

f:id:zenbuddhist:20160314043309j:plain

↓アップ時間を使って、被災者のための黙祷。グルージャ選手の皆さん、ありがとう。

f:id:zenbuddhist:20160314043155j:plain

↓キックオフ前撮影

f:id:zenbuddhist:20160314043404j:plain

 すぐに次の試合はやってきます。反省しつつ、切り替えつつ、初勝利に向けて一歩一歩進んでいきましょう。