グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

高瀬証選手、グルージャ退団-さよならグルージャNo.9-

 また悲しいお知らせが届いてしまいました。

 グルージャ盛岡J3参入の功労者の一人である、高瀬証選手のグルージャ退団が、公式に発表されました。

f:id:zenbuddhist:20160429182806j:plain

 

f:id:zenbuddhist:20161105103836j:plain

 高瀬選手は帯広北高校を卒業後、アルビレックス新潟・シンガポールJAPANサッカーカレッジ北信越リーグ)を経て、2012シーズンにグルージャに加入しました。特筆すべきは2013、2014シーズンにおける活躍でしょう。

 2013シーズンは東北1部リーグに14試合出場5得点、全国地域サッカーリーグ決勝大会に6試合出場1得点と、チームの主力として大活躍し、2014シーズンに発足したJ3リーグへの参入の立役者の一人となりました。

 2014シーズンも前年の勢いのまま、J3リーグ32試合7得点の活躍で、チームも5位という好成績を収める原動力となりました。

 高瀬選手の持ち味は、速さと強さを活かしたドリブル突破だったと思います。ボールを持ったら右サイドからガンガン仕掛けて、相手守備を切り裂いていく様は、サポーターの目に焼き付いていることでしょう。

 残念ながら高瀬選手は、今季一度も公式戦に出場していません。これは決して神川監督が昨季までの主力選手を意味なく排除していた訳ではなく、厳しい見方をすれば、神川監督が標榜するパスサッカーの根幹である、ボールを「止める」「蹴る」技術が高瀬選手に不足していたということになるのだと思います。

 高瀬選手の今後については何も報道されていないため、全く分かりません。この時期に退団しても、Jリーグの選手登録期間(ウィンドウ)は終わっているため、Jリーグ・JFLのクラブへ移籍すると仮定すれば、第2登録期間である7月まで待たなければ公式戦出場は叶いません。ひょっとすると海外(アジア)の線もあるのかも知れません。

 天然系、不思議くんキャラも手伝ってか、高瀬選手はファンが多く、グルージャの選手の中でもかなりの人気を誇る選手でした。もちろん私も大好きな選手の一人だったので、本当に悲しい気持ちでいっぱいです。複雑な思いはありながらも、月並みな言い方になってしまいますが、高瀬選手の今後のご活躍を願って止みません。

 高瀬選手、今までありがとう。また笑って再会出来ることを楽しみにしています。