読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー J3リーグ第7節 藤枝MYFC vs グルージャ盛岡

  つらいですね…。勝ち点3がまさにシャボン玉のように消えていきました。「2-0は危険なスコア」って最近あまり聞かないよな、と思っていたら、まさかグルージャがしっかり体現してくれるとは…。今季ここまでのグルージャは、見事に相手チームの都合の良いやられ役に徹していますよね。人が良いというか何というか…『泣いた赤鬼』の青鬼かっつーの。

 あまり振り返りたくない過去ですが、J3第7節の藤枝MYFC戦を振り返りましょう。

f:id:zenbuddhist:20160502010020j:plain

 

f:id:zenbuddhist:20160501193857j:plain

f:id:zenbuddhist:20160501194717j:plain

f:id:zenbuddhist:20160501193737j:plain

 グルージャは前半風上だったこともあり、序盤から飛ばして先制点を取る気満々。ペースを握ることに成功します。5分に齋藤選手が右からドリブルで切れ込み最初のシュート、ゴール左に逸れます。

 攻勢が続き、15分に守田選手の右CKから久保選手がヘッドでゴール!グルージャ先制。

 17分、中盤でボールを奪い齋藤選手、牛之濱選手、守田選手と素早く繋ぎ守田選手がドリブルから左足でシュートも、三宅選手が好セーブ。

 22分、森選手が左サイド高い位置からボールを奪い、梅内選手にパス。梅内選手がシュートするも、わずかに右に外します。

 36分にはゴール前でボールを奪った牛之濱選手が、相手をドリブルで交わして左足で見事ゴール!グルージャ今季初めての2点リード!

 お互い4-4-2同志でがっぷりのフォーメーションだったのですが、前半は中盤のせめぎ合いをグルージャが制し、グルージャのプレスに藤枝が瀕死の状態になりました。前半であと2点は取れた気がします。

  後半、風下になると状況は一変。藤枝がかなりアグレッシブに前に来たこともあり、グルージャは防戦一方に。

 50分、越智選手の右CKが益子選手の足にあたりオウンゴール。スローで見ると防げた失点ですね。

 藤枝は平石選手を投入して3-4-3にして前への圧力を強めると、グルージャはピンチの連続。67分、鮫島選手が右からクロスを上げ三好選手がどフリー状態でヘディングゴール。同点。完全に崩されてゴール前スカスカでした。

 71分、またしても越智選手の右CKから土井選手がパンチング崩れでこぼしたところを平石選手がゴールに突き刺しました。藤枝逆転。

 残り10分でグルージャは今季初出場の小林選手をFWに投入し、珍しく割り切ったパワープレーを行いましたが、得点はならず。見事な逆転負けを食らいました。

  昨日のグルージャの収穫は、齋藤選手をCHで使える目途が立ったこと位でしょうか。昨日付で垣根選手の負傷離脱が公式発表されただけに、これは大きい。齋藤選手は相手GKとの1対1を入れていれば、昨日のヒーローでしたが…。

 試合後、神川監督は「自分の力不足が露呈された」というコメントを出したようです。監督も結果責任は免れませんが、どう見ても昨日の試合は選手が下手過ぎでしょう!

 風の影響はありました。藤枝の選手交替・システム変更がドンピシャに嵌まったことは、相手を褒めるべきでしょう。しかしあれだけ良い攻撃の形を見せながら、シュートを相手ゴールに入れることが出来ない、相手のセットプレーで簡単に崩れて失点する。監督でなく選手の側の問題が大きいでしょう。

 昨日のグルージャの公式シュート数は17本だったようですが、外した15本には決定機がかなりありました。そのうち1本でも入っていれば、全く違う試合展開だった筈です。失点もシュートミスも選手には徹底的に反省して欲しいです。

  下の方々は私は全く存じ上げないですが、100%このツイートの通りだと思います。

 

 …と、これだけチームにきつい話をしても、今グルージャが進んでいる方向性は正しいと私は考えています。神川監督には今のやり方を徹底的に詰めてほしい。

 確実にチームは進歩していますし、強くなっています。今季はほんの少しの詰めの甘さで、相手に勝ち点を大盤振る舞いする結果になっています。本当に紙一重です。

 今季は「強いグルージャ」は見られないかもしれませんが、確実に来季以降の「強いグルージャ」に向けたサッカーを今、行っています。監督、選手は歯を食いしばって、「強いグルージャ」へ脱皮しようとしています。

 皆さん、ニュースや新聞だけ見て「なんだグルージャまた負けたのか。よぇーな、駄目だこりゃ。」じゃないんです。今、ピッチの中で七転八倒するグルージャの姿の中にこそ、未来の「強いグルージャ」がいるんです。今、応援しないでどうするんですか。グルージャが強くなってから応援するつもりですか。それでは面白くないでしょう。

 …まあ、たむさんのツイート通りです…。


  せっかくたむさんに素晴らしい「振り」をして頂いたので、ドラえもんの『宇宙ターザン』よろしく、私もこう言葉を続けるのでした。

「ぼくはぜったいにグルージャをみすてないぞ!」