読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチプレビュー J3リーグ第8節 グルージャ盛岡 vs 鹿児島ユナイテッドFC

マッチプレビュー グルージャ盛岡 鹿児島ユナイテッドFC

 J3リーグには全く関係ありませんが、海の遥か向こうのイングランドプレミアリーグでは、レスターシティが優勝しましたね。日本人としては岡崎選手が所属していることが当然クローズアップされますが、「全く期待されていなかった降格候補クラブがまさかの優勝!」というところに、グルージャサポーターとしては反応してしまいますね。グルージャもいつかは…と考えてしまいます。「うちにもFWにヴァーディが一人いれば、今頃こんな順位には…」とか妄想してしまいますが、無いものねだりしても仕方ありません。空元気で次節をプレビューいきます。

 

 さて今節対戦する鹿児島は、ここまで3勝1分2敗(第6節が延期)で勝点10の暫定8位と、J3初年度としてはまずまずの滑り出し。決定力不足には悩んでいるようですが(得点3のうちPK2)、失点2はご立派。ホーム集客力といい、今やすっかりグルージャの遥か格上のクラブと言っていいでしょう。

 対するグルージャは2分5敗の勝点2で堂々の最下位(16位)。得点の匂いのする攻撃はかなり増えてきたものの、失点14は言語道断。幾らなんでもセットプレーの失点が多すぎます。またスタッツから見れば、得点も10点以上取っていても全くおかしくないので(現在得点6)、FW陣は切腹もの。現在の成績はチーム全体の責任といえるでしょう。

 前節の藤枝MYFC戦は、2点先制にも関わらず後半の20分間に3点取られる無残な逆転負けだったので、いいかげんこの辺で初勝利して、負の連鎖を断ち切りたいところです。

f:id:zenbuddhist:20160506203415j:plain

 ここまで鹿児島は4-4-2と4-2-3-1を併用。前節はCB水本選手が負傷で寺田選手をスタメンに起用しましたが、今節はCB水本選手として、好調の藤本選手を1トップの4-2-3-1と予想しました。根拠は特にありません。 

 鹿児島のCF藤本選手は鹿児島きってのイケメン+テクニシャンですから、今節のレディースデー(女性同士で手をつないで来場すれば一人500円で観戦可)でご来場予定の女子サポ勢にも、ご満足頂けることでしょう。グルージャのイケメン枠である土井良太選手、高橋選手は今節出場するか分かりませんからね。

 ここまでのグルージャのセットプレーの弱さを見て、鹿児島は藤本選手をトップ下にして、CFに山田選手を起用する可能性もあります。グルージャとしては五領選手、永畑選手のサイド突破にも要注意でしょう。

 今回もガッツリ噛み合うフォーメーションですので、中盤の攻防でどちらが先手を取るかが重要でしょう。グルージャとしては、鹿児島の攻撃の口火を切る赤尾選手に前を向かせず潰していきたいところ。

 グルージャの齋藤選手は初スタメンの前節でアピールしまくったので、今節こそは得点を期待します。

 また私個人的には、もしグルージャFW陣は今節得点出来なければ、全員、頭丸坊主にして頂きたい。ここまでFWの得点実質ゼロ(谷口選手のPK1得点のみ)ですので、自身の立場を十分に弁えた上、それ位の意気込みで挑んで下さい。

 また集客に関しても現在のところ、J3ではYS横浜を凌ぎグルージャが最下位です。平均観客数1,000人以下は盛岡の恥です。GW最終日は是非とも女性のみならず、家族、友人を引き連れていわスタへお越しください。グルージャの勝利は保証出来ませんが、エキサイトメントは必ず保証できます。このブログをご覧の皆さん、ご自身の来場のみならず、ぜひ廻りの方々にけしかけて下さい。

 

 ところで…、グルージャ退団を表明した高瀬選手は、もう盛岡を離れてしまったのでしょうか。公式では無くても、サポーターの前でお別れの挨拶の場を設けられないものでしょうか。私もグルージャの功労者に対して、直接感謝の言葉を贈りたかったのですが…。彼に感謝の気持ちを届けたいサポーターは大勢いると思います。関係者のご尽力を望みます。