グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチプレビュー J3リーグ第10節 グルージャ盛岡 vs Y.S.C.C.横浜

 いよいよ2016シーズンJ3リーグも、今週末に第10節を迎え、全体の3分の1が過ぎようとしております。我らがグルージャ盛岡は依然白星が無く、3分6敗の勝ち点3で最下位のままです。毎節の「次こそは必ず…」の言葉にも、残念ながら慣れてきてしまいました。

 が、今節こそは、本当に今季最大の白星のチャンスでは無いでしょうか。

 

 今節の対戦相手、Y.S.C.C.横浜とのJ3での通算対戦成績は、2014シーズン、2015シーズンともに1勝2分で負けがありません。加えて、ここに来てグルージャの調子も尻上がりに良くなっています。また今節は、サッカー著名人を集めたビッグイベントも行われ、ホームいわスタに多数の集客が見込めます(と信じたい…)。ここで初勝利を掴み取り、リーグ後半戦に向け反撃の狼煙をあげると共に、観客数増大のうねりの発端にもしたいですね。

 「その時」が近づいているのを感じるのは、私の妄想癖のせいだけではないはず。今節もプレビュー頑張ります。

f:id:zenbuddhist:20160521071708j:plain

  Y.S.C.C.横浜は現在13位。昨季に引き続き、今季も得点力不足には悩んでいるようです(第9節までの得点4)。昨季のチーム内得点王であった梅内選手がグルージャに移籍しているので、グルージャYS横浜からは恨まれているかもしれません。また、今季のエース候補であったFW辻選手が大怪我により長期離脱してしまい、攻撃力の低迷に拍車をかけているようです。

 ダイジェスト映像しか見られていませんが、攻撃は両サイドからSBが参加して崩すのがメインのような印象。

 これまでの戦いを見ると、YS横浜は引いて守るとかなりしぶといのですが、カウンターに弱い印象があります。YS横浜が前からボールを奪いに来てくれた方が、グルージャの得点の可能性が増すような気がしています。今節のYS横浜はバックパスの失敗による失点も複数ありますし、グルージャの前線から走りまくるプレスには、相当悩まされるでしょう。

 対してグルージャは前節の栃木SC戦で森選手が負傷退場。その後の公式発表は無いので、大怪我では無さそうですが、今節は大事を取って休みになるのでは無いでしょうか。となると左SBは守田選手の一択でしょう。従って左SHは梅内選手になり、問題はCF谷口選手の相方を誰にするかですが、無難に谷村選手になるのでしょうか。私個人的には工藤選手が見たいのですが、最近はベンチにも入れていませんね。

(5/21 12:30追記:J's GOALのコラムにボランチは林選手、CFサブに土井良太選手復帰の情報あり。)

 この試合、ポゼッションは分かりませんがペースは間違いなくグルージャが握る時間が多くなるでしょう。中盤もある程度支配出来るのではないでしょうか。相手を舐めてはいけませんが、現在の攻撃力は間違いなくグルージャのほうが上です。自信を持ってガンガンパスを繋ぎシュートを撃って、サポーターを沸かせて欲しいです。谷口選手が決勝点を決めたら美しい展開ですね。

 グルージャが負けるとすれば、セットプレーから1点取られて、そのまま守りきられるパターンでしょう。楽に勝てる試合など一つもありません。今節もグルージャのスタイルを貫き通し、その上で白星をもぎ取って欲しいと思います。

 最初に書きましたが、今節は試合前のイベントとして『パルコホームpresents2016Jドリームス スペシャルマッチ』が行われます。鈴木啓太氏、前園真聖氏、戸田和幸氏、三浦淳寛氏、平野孝氏、福西崇史氏など錚々たる面々がいわスタに来て、岩手県国体女子選抜及び大船渡高校と試合を行ってくれます。パルコホーム様、毎年のイベント後援、誠にありがとうございます。サポーターの皆さんは、彼ら著名人を餌にしてグルージャ未経験の知人を多数お誘いあわせの上、ご来場をお願いします。

 また試合後には、グルージャサポーターの結婚式をピッチ内で行うという驚愕の企画が予定されております。プライベートを晒してまでグルージャを盛り上げようというその心意気、素晴らしいです。グルージャは新郎新婦のためにも、何としても白星をプレゼントしなくてはなりませんね。私はグルージャが勝っても負けても、スタジアムに居残ってお祝いさせて頂こうと思っています。

 今節の試合結果がどうなっても、冷静に受け止める心の準備は出来ています。願わくは、グルージャ盛岡をサポートすることの楽しさ、素晴らしさが、多くの人に伝わりますように。