グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチプレビュー J3リーグ第12節 福島ユナイテッドFC vs グルージャ盛岡

 プレビューの前に、この話題に触れない訳にはいきません。 

 高瀬選手、良かったですね。7月にならないとウィンドウ(選手登録期間)が開かないため、それまで高瀬選手は公式戦に出場することが出来ませんが、ひとまず浪人生活にけりがついたということで一安心。

 

 アスルクラロ沼津はJ3ライセンス取得済で、JFLでの現在の年間順位は3位(百年構想クラブ中1位)ですから、このまま順調に好成績を維持出来れば、来季のJ3で高瀬選手と再会することが出来そうです。ちなみに沼津には、同じく元グルージャの田中舜選手も在籍しています。高瀬選手や田中選手の力で、沼津をJ3に連れてきて欲しいですね。

 高瀬選手、アスルクラロ沼津でもがんばれ!

 

 さて今週末はアウェイ福島ユナイテッド戦です。先週末は試合が無かったため、私を含め全体的に少し気が緩んでいると思いますが、引き締めなおしてグルージャの逆襲をアシストしていきましょう。

f:id:zenbuddhist:20160611043148j:plain

 福島ユナイテッドは先週末に、延期となっていた第5節アウェイ大分戦を行っており、0-1で負けております。現在のJ3順位は12位と伸び悩んでいる様子。

 最近のJ3は、パスを繋ぐチームが多くなっている印象がありますが、福島は「長めのパスが多く、手数をかけないでカウンター攻撃」が基本のチームです。今のところポゼッションも16チーム中最下位ですので、この試合においても福島ホームとはいえ、グルージャがボールを握る時間が多くなるものと思われます。福島の要注意選手を一人あげるなら、YS横浜戦でFKを決めている石堂選手でしょう。

 グルージャは4日にブラウブリッツ秋田とのトレーニングマッチを行っており、なかなか良い内容だったようです(2-2のドロー。得点は谷口選手、守田選手)。今のグルージャは、J3のどのチームからも得点出来ると思わせる攻撃の勢いがあります。結果的にセットプレーからの流れの得点が多いものの、攻撃のバリエーションは豊富になってきており、今のグルージャの攻撃は見ていて本当に楽しいです。

 第5節の琉球戦から7試合連続で得点しており、今節も少なくとも1点以上は入れてくれると思います。あとは守備。前節富山戦は私は現地観戦していませんが、全員が意識を集中させ体を張った守備を見せてくれたようなので、今節にも期待しましょう。

 フォーメーション予想は、福島は前節と同じ。グルージャは齋藤選手の怪我の回復具合が影響すると思いますが、ここでは齋藤選手を外して左SHに前節富山戦の同点弾をアシストした井上選手を入れてみました。少しずつグルージャの選手層は厚くなってきており、神川監督の選手育成力の高さが見えてきたように思います。

 まだ順位云々は気が早いと思いながらも、今節は勝点3を手に入れ、最下位とは今生のお別れにしたいものです。

 さあ、これからグルージャの逆襲が始まります。皆さん、乗り遅れないで下さい。お楽しみはこれからだ!