グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチプレビュー J3リーグ第18節 Y.S.C.C.横浜 vs グルージャ盛岡

 7月下旬となりJリーグ選手登録期限(7月29日)まであと少しですが、グルージャの選手補強は打ち止めでしょうか。結局CBの選手は獲らないのですかね。今のグルージャにおいて、明らかに最も層が薄いポジションだと思っていたのですが…。まあ神川監督は「畑本選手、久保選手と心中する覚悟」とまで言っていましたし、よほどの即戦力級が獲得出来なければ、このままでいくのでしょうね。今季終了までCBコンビが怪我しないことを祈ります。

 さて今節はグルージャの4連勝が掛かったYS横浜戦です。

 

 YS横浜との前回の対戦は、グルージャ今季初勝利の試合となりました。その節はありがとうございました。

 現在の順位は、YSは2連敗中の15位に対し、グルージャは3連勝中で順位を12位まで上げており、明らかに勢いはグルージャにあります。が、決して舐めてはいけません。YSはグルージャが勝っていない、相模原、東京U23琉球、大分に今季勝っていますし、前回対戦の大勝ほどには実際の力の差は無いと見るべきでしょう。

f:id:zenbuddhist:20160721063849j:plain

 YSはここ数試合殆ど同じスタメン、フォーメーションで戦っているので、今節も前節と同じと予想。

 グルージャは前節、土館選手が怪我で途中退場しており、CHは林選手、益子選手と予想。もしかすると今節は途中出場で、八角選手のJリーグ公式戦デビューが見られるかもしれません。

 YSはかなりボールを繋げるようになっているようですが、相変わらず得点力不足には悩んでいる様子。得点数は17試合で6得点とリーグ最下位。攻撃力は間違いなくグルージャの方が上でしょう。YSとしては大泉選手のドリブルや、吉田選手のFKに突破口を見出したいところ。

 グルージャが負けるパターンは、攻め込むもなかなか得点を奪うまで至らず0-0の時間が続き、後半のセットプレーで失点、0-1で終了、みたいな感じでしょうか。但しグルージャは、試合を追う毎に最終ラインの信頼感が増しているので、以前のようにあっさりとしたセットプレーの失点はしないと思います。前節で得点を決めた梅内選手が、古巣のYS横浜に今節も得点を決めてくれることを期待します。

 

 グルージャJ3参入後、初の4連勝が懸かった一戦。もちろんグルージャの歴史的勝利を目撃しに、私はニッパツ三ツ沢球技場に行ってきます。ぜひともこのブログで勝利報告出来るよう願っています。