読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー 天皇杯2回戦 ベガルタ仙台 vs グルージャ盛岡-グルージャ新時代の幕開け-

マッチレビュー グルージャ盛岡 ベガルタ仙台 天皇杯

 天皇杯2回戦の対ベガルタ仙台戦において、グルージャ盛岡は新たな歴史の1ページを開きました。 

 これからも続くグルージャの歴史の中で、後世に語り継がれるであろう試合に立ち会うことが出来て、私はとても光栄です。グルージャの歴史のターニングポイントと言えば、Jリーグ入りを決定づけた2013年の全国地域サッカーリーグ決勝大会での優勝が思い浮かびますが、この試合の勝利はそれに続く大きな出来事だったのでは無いでしょうか。

 昨日、この試合に向けて

私はグルージャ盛岡というフットボールクラブの価値を証明する試合であって欲しいと願っています。

と書きましたが、私が想像していたよりもずっと大きな形で、グルージャの選手たちはそれを実現してくれました。選手、監督、コーチ、スタッフには感謝しかありません。本当にありがとうございました。

 

f:id:zenbuddhist:20160904140235j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904105741j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904105836j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904105849j:plain

 ベガルタは怪我明けのCB平岡選手を起用したのが若干意外でしたが、案の定、他は完全なガチンコメンバーでスタメンを揃えて来ました。

 対するグルージャは、天皇杯1回戦と全く同じスタメン。

f:id:zenbuddhist:20160904140513j:plain

 3分、ベガルタグルージャ陣内の左サイドでFKを貰い、藤村選手が枠内に蹴るも、GK土井康選手がブロック。

 9分、ベガルタの左サイドCK、藤村選手のキックはニアの平岡選手が触って枠内を捉えますが、牛之濱選手がヘッドでクリア。

 9分、益子選手がグルージャのファーストシュートとなるミドルを打ちますが、ゴール左に逸れます。

 13分、バイタルで谷口選手がボールを収めて前を向くと、左の安楽選手へパス。安楽選手がドリブルしてからグラウンダーのマイナスのクロスを入れると、走り込んできた牛之濱選手がドンピシャで合わせてゴール!!!待望の先制点がグルージャに入りました。1-0でグルージャリード。

f:id:zenbuddhist:20160904141200j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904141317j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904141052j:plain

 18分、右サイドから大岩選手がクロス。藤村選手が折り返し、ウィルソン選手がフリーでシュートするも、ゴール内をカバーしていた畑本選手が掻き出します。

 しかしそのすぐ後、ウィルソン選手の右からのクロスのこぼれを石川直選手が左足一閃、強烈なミドルシュート。ボールは凄いスピードでグルージャゴールに突き刺さってしまいました。これは石川選手を褒めるべきスーパーゴール。1-1の同点。ここまでは「ああ、やっぱり甘くない…これがJ1クオリティか…。厳しい闘いになるな。」という感じだったのですが…。

 21分、谷口選手のミドルはクロスバー上を通過。

 22分、富田選手のミドルを土井康選手がパンチング。

 24分、奥埜選手が縦に入れたパスに右に走り込んだウィルソン選手がクロス。藤村選手がフリーでヘディングシュートするも、土井康選手がまたもビッグセーブ。速い攻めで逆に振られてしまったのですが、良く反応しました。試合終了後にスカパー中継の解説の鈴木氏は、このプレーが試合の分岐点だったと言っていました。

 26分、グルージャ右サイドの攻撃。スローインから谷口選手が一度ためて牛之濱選手にパス。右サイドを牛之濱選手があがっていった時、なぜか副審の旗があがりましたが、主審はホイッスルを吹かず続行。牛之濱選手は構わずグラウンダークロス。受けた梅内選手が角度の無いところからシュート、ボールは飛びつくGK関選手の手の先を抜けゴール左に入りましたが…?。主審に認められてゴール!!!これで2-1。映像で確認すると、牛之濱選手のクロスは相手の股抜きでした。クロスもシュートも見事。もちろんオフサイドは全くありませんでした。(9/5 5:00追記:副審のジャッジは谷口選手へのアフターチャージの意味だったようです。)

 30分、奥埜選手のクロスにロペス選手がヘディングも、ゴール左に逸れます。

 32分、グルージャ陣内のFKからの攻撃。久保選手のFKを谷口選手が頭で落とし、それを拾った梅内選手がドリブルから、走り込んできた安楽選手へパス。安楽選手はダイレクトに右足を振りぬきゴール!!!これで3-1。安楽選手、利き足でない右足であの精度のシュートを打てたのは素晴らしい。リーグ戦でゴールを奪うのに苦労していたのが嘘のよう。

f:id:zenbuddhist:20160904142517j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904142621j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904144202j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904144956j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904144717j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904145140j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904170212j:plain

 34分、梅内選手のミドルシュートは関選手キャッチ。

 36分、グルージャのパスが早いテンポでベガルタ陣内を飛び交い、最後は益子選手がミドルシュート。これは枠のはるか上。しかし完全にグルージャのペースになってきました。

 38分、点を取りに人数をかけてプレスにきたベガルタをあざ笑うかのように、グルージャは最終ラインからショートパスを繋げまくり、畑本選手が梅内選手へ縦パス。安楽選手、谷口選手と渡り、斜めに左サイドへ走り込んできた梅内選手にラストパス。梅内選手のシュートはゴールの僅か左を逸れました。どちらが格上かわからない程のサッカーを、グルージャは行っています。

 40分、DFからのクリア気味のパスに安楽選手がヘディングで落とし、谷口選手が拾って左サイドからクロス。梅内選手が飛び込みますが、惜しくも届かずにボールはそのまま右へ通過。

 前半、3-1グルージャのリードで終了。全く油断出来ない点差ですが、Jリーグを何も知らない人がここまで試合を見てきたら、「赤いユニフォームのほうが格上のチームなんでしょ。」と言いかねない内容になっています。

 

 後半開始。46分、左サイド奥からロペス選手がグラウンダーでペナ内に走り込んだ三田選手へパス。三田選手がクロスを上げますが、久保選手クリア。

 59分、八角選手のグラウンダークロスに、牛之濱選手がマイナスにはたいて益子選手がミドルシュート。僅かにゴール左に逸れます。

 60分、八角選手が左からドリブルして垣根選手に戻してから、再びバイタルで受け取りミドルシュート。枠内の良いシュートでしたが関選手がセーブ。八角選手、恐らくこれが公式戦の初シュートでは。

 61分、谷口選手→石井選手に交代。石井選手が右SHに入り、梅内選手、牛之濱選手の2トップ。

 62分、奥埜選手が中央をドリブル突破しミドルシュートグルージャDFがブロック。茂木選手のCKは平岡選手が頭で合わせますが、土井康選手が正面でキャッチ。

 64分、益子選手からベガルタ最終ラインの裏を狙った長めのグラウンダーパスが入り、走り込んだ梅内選手が右足を振りぬき、倒れ込むGK関選手の手をかすめてゴール!!!これで4-1。梅内選手も今日はどうしちゃったんだ!この人、本物の梅内選手なのか?

f:id:zenbuddhist:20160904151039j:plain

 68分、ウィルソン選手のミドルシュートを土井康選手がセーブ。

 70分、安楽選手→森選手に交代。森選手がそのまま左SHへ。

 74分、ベガルタバイタル付近でグルージャが細かく繋ぎまくり、最後は左SHの森選手がなぜか右サイド奥に開いてボールを受け、速いグラウンダークロス。そのボールをゴール前で待っていた右SBの鈴木達選手が、ニアの狭いところにボレーシュート。入った!ゴール!!!これで5-1。右サイド奥から森選手→鈴木選手というリーグ戦でも見たことが無い展開の得点。このチーム、ホントにグルージャかよ!中にドルトムントの選手でも入ってんじゃないの!

f:id:zenbuddhist:20160904151817j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904151509j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904151641j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904151325j:plain

 76分、富田選手の左からのクロスに西村選手が頭で合わせますが、土井康選手がキャッチ。

 80分、ロペス選手からの左からのクロスを大岩選手がトラップしてからシュートするも、八角選手がブロック。しかしその流れで再び左に渡ったボールを、途中出場の茂木選手がドリブル突破して豪快なシュートをグルージャゴール右サイドネットに突き刺しました。これで5-2。この失点は1対1のマッチアップで負けた結果ですが、この時点で相当な距離を走っていた鈴木達選手は責められません。相手選手を褒めるべきでしょう。

f:id:zenbuddhist:20160904165652j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904165525j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904165409j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904165248j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904165811j:plain

 81分、益子選手→谷村選手に交代。谷村選手がCFに入り、右SH牛之濱選手、CH石井選手に変更。

 81分、谷村選手がドリブルからミドルシュート。ボールは大きく枠を外れます。

 84分、谷村選手がドリブルからミドルシュートするも、GK関選手が正面でキャッチ。

 86分、谷村選手からのパスを受けた牛之濱選手が、右サイド奥からドリブルしてペナ内に入りグラウンダークロスを入れるも、石川直選手がクリア。

 86分、垣根選手のCKから梅内選手がヘディングシュートするも、僅かにゴール左に逸れます。

 88分、ベガルタCKのこぼれを水野選手が縦に入れ、ペナ内で受けた大岩選手がシュート気味のクロス。ロペス選手のヘディングシュートで、決まったように見えましたが、ボールはぎりぎりゴール左に逸れていきました。

 90+1分、左からの茂木選手のCKにニアで大岩選手が擦らせたボールを、西村選手がヘディングシュート。ボールはポストを叩いてから、土井康選手に掻き出されました。

 90+4分、三田選手のCKにロペス選手が頭で合わせますが、ボールは枠を捉えません。

 試合終了。5-2でグルージャ勝利!!!

f:id:zenbuddhist:20160904140704j:plain

f:id:zenbuddhist:20160904163801j:plain

  試合後のベガルタゴール裏のブーイング、怒号は凄かった。久々に殺気を帯びた生のゴール裏の声を聞きました。「選手バス囲まれちゃうかな?」って感じでした(無かったようです)。グルージャの5点目が入ると試合中にも関わらず、ゴール裏では自分たちのダンマクを外してましたし、少しベガルタの選手が可哀そうになりました。ベガルタサポーターからすれば、2014年ワールドカップでブラジルがドイツに1-7で敗れたときのような感覚なのでしょうね。グルージャは遥かに格下のクラブなので、それ以上にショッキングな出来事なのかもしれません。

 グルージャが遥かに格上であるはずのベガルタに勝ってしまった理由には、ベガルタ側の油断はあったでしょう。スタメンにガチメンバーは揃えたものの、J1トップチームの割には緩いプレーも多少見られましたし、あそこまでグルージャの縦パスを通してしまうのでは、「グルージャの細かいスカウティングしていなかったのでは…」とも思ってしまいました。良い意味でグルージャをリスペクトして危機感を募らせ、具体的な対策を立てていれば、ここまでの惨事にはならなかったような気がします(ベガルタサポーターの方、上から目線で不愉快に感じられたら、申し訳ありません)。

 

 だからと言って、グルージャ勝利の価値は何ら綻びることはありません。スキルやフィジカルの強さで勝る相手に対し、グルージャの選手たちは、最初から最後まで三原則(運動量、球際、切り替え)のベースを貫いた上で、グルージャ式攻撃的サッカーで殴り合いの展開に持ち込み、ポゼッションこそ相手が上回ったものの、点数ばかりか内容でも圧倒しました。何度でも言いますが、本当に素晴らしいサッカーを表現してくれました。しかし昨日のブログで

グルージャが勝つとすれば複数得点が必要だと思います。

 とも書きましたが、まさか5点も取ってしまうとは…「予想外」という言葉すら遥かに超えてます。つくづくこのチームは、読めないチームです。

 

 正直言って私は今回の試合は興奮し過ぎて、通常の観戦モードになれませんでした。よって写真もさっぱり写っていない(苦笑)。3点目が入った辺りでは涙腺が緩み始めてました(笑)。3点取って勝てるとは思いませんでしたが、グルージャのあまりにも素晴らしい内容のサッカーに、「グルージャもここまで来たのか…」と興奮しながら感慨にふけってしまいました。

f:id:zenbuddhist:20160904153509j:plain

  グルージャは出場した全員が素晴らしく、土井康平選手、谷口選手、牛之濱選手も良かったのですが、MVP候補はやはり、ベガルタの守備を切り裂きまくった梅内選手と安楽選手になるのでしょう。二人ともぜひこの勢いをリーグ戦に繋げて欲しいと思います。

f:id:zenbuddhist:20160904152715j:plain

 最後にグルージャサポーターについて。

 現地で貴重な経験をされたサポーターの方々、お疲れ様でした。

 この試合はグルージャ史上、最もゴール裏にサポーターが集まって盛り上がった試合だったのではないでしょうか(メインスタンドにもアウェイの割には、私を含めて多数のグルージャサポーターがいました)。他のJリーグクラブに比べたらまだ全然でしょうけれど、この日はユアスタという応援には絶好のロケーション(ユアスタは応援の声が気持ちよく反響する競技場)も良い影響をもたらし、「グルージャが応援でこれほど盛り上がれるなんて…」という点にも私は感動していました。

f:id:zenbuddhist:20160904154148j:plain

 この試合の勝利で、例の不祥事の件がどうにかなるものでもありませんが、グルージャ関係者に明るい未来を垣間見せてくれたような気がします。選手や監督だけでなく、スタッフ、サポーターが各々の立ち位置から出来る範囲でグルージャを支えていけば、事態は好転していくと考えています。

 後々、「2016年の天皇杯での大活躍が、グルージャの新時代の幕開けだった」と語られるような未来になることを、私は信じています。

 この日のグッドバイブスを、来週から再開されるJ3リーグ、22日の天皇杯3回戦、10月のいわて国体に繋げていきましょう。