グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー J3リーグ第24節 ブラウブリッツ秋田 vs グルージャ盛岡

 今週は忙しすぎてブログどころではありませんでした。ブラウブリッツ戦ダイジェスト映像も、先ほどきちんと見ました。すっかりタイミングを逸してしまいましたが、国体含め一気に更新します。 

 

  第24節ブラウブリッツ戦の注目点は、翌日から始まるいわて国体に単独チームとして出場するグルージャが、どこまでターンオーバーしてくるのか、今季出場機会の無かった選手が出場してくるのか、というところでした。

 

 グルージャはこの試合、Jリーグのベストメンバー規定ぎりぎりまで選手を変えてきました。(具体的には『J2およびJ3リーグ戦における先発メンバーは、当該試合直前のリーグ戦5試合の内、1試合以上先発メンバーとして出場したメンバーを6名以上含まなければならない。』という規定。)

f:id:zenbuddhist:20161002172629j:plain

f:id:zenbuddhist:20161002122943j:plain

f:id:zenbuddhist:20161002172643j:plain

 グルージャは国体メンバーの畑本選手、久保選手、鈴木達也選手、森選手、牛之濱選手、安楽選手、益子選手、梅内選手、谷村選手を休ませて、今季出場機会に恵まれていない小林選手や高橋選手を起用。神川監督の国体への本気度が伝わる選手選考です。

 逆に今季ここまで不遇の立場に置かれている小林選手、高橋選手、土井良太選手、守田選手はこの試合で活躍し、監督や周囲を見返してやろうと気合充分のはず。

 ブラウブリッツは、累積警告により出場停止となったCB新里選手のポジションに、堀田選手を入れてきました。

 

 2分、石井選手のCKをGK松本選手がそのままキャッチ。すぐにスローすると右サイドで受けた比嘉選手がドリブルで長い距離を進み、中央の日高選手とのワンツーからシュート。一旦は土井康選手が弾きますが、こぼれ球を比嘉選手が押し込んで早くもブラウブリッツが先制点。ブラウブリッツの素晴らしいカウンター攻撃でした。

 7分、八角選手が左サイドからミドルパスを相手ペナ内に入れ、収めた谷口選手が振り向きざまシュートするも、ミートせずGKキャッチ。

 20分、石井選手のシュートは一旦相手DFに当たるも、こぼれ球を再度シュート。ボールはゴール右ポストに当たって跳ね返ってしまいました。惜しい。

 39分、林選手が相手ペナ右手前からFK。グラウンダーで入れたキックのこぼれ球を八角選手がシュートしますが、相手DFがブロック。

 62分、左サイド奥で八角選手のパスを受けた井上選手がクロス。ファーで高橋選手がヘディングシュートしますが、GKキャッチ。

 左サイドから八角選手がクロスを入れ、中央の石井選手がダイレクトシュートするも、相手GKが正面でキャッチ。

 70分、守田選手が自陣で呉選手にボールを奪われ、こぼれ球を田中選手が拾ってペナ内でシュート。ボールはブロックに体を投げ出した守田選手の腕に当たってPK。守田選手のミスが続いた「痛い」プレーでした。PKを田中選手が自らゴール右隅に決めて2-0。

 試合はこのまま終了し、2-0の負け。

 

 数字的にはポゼッションはグルージャが上回っていたようですし(52.9%)、シュート数もそれなりにあり(18本)、データ上はグルージャにとってまずますの内容だったように見えますが、恐らくブラウブリッツの手の平で転がされていた試合だったのではないでしょうか。1-0になってからはカウンター狙いが最上の策とブラウブリッツが判断し、グルージャに持たせていた面はあったと思います。現地観戦していないので、あくまでダイジェスト映像の印象だけですが。

 今季出場機会に恵まれていない高橋選手、小林選手、土井良太選手、守田選手にとっては、残念ながらアピールに成功した試合にはなりませんでした。リーグ戦は残り6試合となりましたが、この試合の経験を今後の活躍に生かしてくれることを望みます。

 

 さて、これだけ選手をターンオーバーさせて、出来る限り万全の態勢で臨んだ筈のいわて国体だったのですが…。国体編に続く。