読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチプレビュー J3リーグ第27節 AC長野パルセイロ vs グルージャ盛岡

マッチプレビュー グルージャ盛岡 AC長野パルセイロ

 1週間遅れの前節のレビューとともに、ひっそりと更新するプレビュー記事はこちらです。

 今季も残すところあと4試合。グルージャの選手としては、あの選手やこの選手もあと4試合で見納めかもしれません。しっかりと2016グルージャを目に焼き付けたいと思います。

 今節の対戦相手は、かろうじて昇格の可能性を残す6位の長野パルセイロ

 

 前回のパルセイロとの対戦は、セットプレーから荒田選手に頭でねじ込まれての0-1の敗戦でした。この試合ではグルージャの良い形の攻撃も所々で出ていましたが、肝心のフィニッシュがお粗末。今映像を見返すと、その後第10節まで初勝利がお預けとなったのも納得の内容でした。

 あれから多少はグルージャの攻撃も進歩したので(守備の進歩は前節の大分戦で疑わしくなりましたが)、どこまでパルセイロに通用するかが楽しみです。

    現在パルセイロは2位の大分とは勝ち点差7にまで離され、J2昇格の夢も風前の灯火。グルージャ戦は勝ち点3を得られなければ、昇格レースはジエンドでしょう。前節のFC琉球戦敗戦のショックは大きかったと思いますが、今節は捨身でグルージャに向かって来るものと思われます。

f:id:zenbuddhist:20161030003600j:plain

 パルセイログルージャともに前節と同じスタメン予想としました。

 最近のグルージャは石井選手や八角選手の攻撃参加が増え、攻撃の厚みが少し増した印象。少しづつではありますが、グルージャの進化は継続しているように見えます。前節は大分トリニータに実力差を見せつけられましたが、今節は何としても上位に一矢報いたい。

 グルージャとしては橋本選手、有永選手に余裕を持って前を向いたプレーをさせないようにプレスをかけて中盤を制し、ペースを掴みたいです。あとはセットプレー。最近はセットプレーの失点は以前よりは少なくなってきたように思いますが、グルージャのCBコンビには前節の汚名返上となる活躍を期待しています。

 

 私事ですが今節は天皇杯Honda FC戦以来、久々のグルージャ現地観戦。J1仕様となった南長野運動公園総合球技場は初めてなので、非常に楽しみです。

 では行ってきます。待ってろ南長野。