読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

小林亮太選手、土井良太選手、高橋悠馬選手 グルージャ退団

グルージャ盛岡 移籍 選手 小林亮太 土井良太 高橋悠馬

 J3最終節が終わって気持ちが切れてしまい、ブログを2週間サボっていました。

 グルージャは神川監督退任の激震が収まっていませんが、監督の件は今季総括記事の中でじっくりやりたいと思います。

 その前に、ここまでの退団、契約更新、新規加入選手を全て取り上げていきたいと思います。

 まずは11月25日に発表された、2013シーズン地域決勝大会優勝の立役者の3名の退団から。

 

小林亮太選手

f:id:zenbuddhist:20161207064007j:plain

 

 小林選手に関しては、今季は非常に気の毒なことをしちゃったな、という印象です。

 2012シーズンにグルージャに加入して以降、グルージャの主力選手として活躍してきた小林選手でしたが、今季はフィード能力で小林選手に勝る若手CB2名(畑本選手、久保選手)にスタメンの座を奪われ、先発したのはいわて国体と開催が被った第24節秋田戦のみ。

 小林選手の持ち味は当たり負けしないフィジカルと空中戦の強さであり、フィード能力を最重視した選手選考をするのであれば-敢えてドライに言うと-、1年前に契約終了させたほうが本人のためだったのでは、と考えてしまいます。

 小林選手はJ3昇格の立役者の一人であり、このような別れをするのは非常にツライものがあります。

 今後も現役選手を続けるのか本人のコメントからはわかりませんが、新天地でのご活躍をお祈りしております。

 

 

土井良太選手

f:id:zenbuddhist:20161207065224j:plain

f:id:zenbuddhist:20161210124715j:plain

f:id:zenbuddhist:20161214213253j:plain

 

 言わずと知れたグルージャ女子人気№1のイケメン選手。

 J3初年度の2014シーズンでは12得点、3アシストの大活躍。2015シーズンは長野パルセイロに移籍したものの、2016シーズンは再びグルージャに戻り、チームの主力として活躍が期待されていただけに、今季の成績と退団は非常に残念です。恐らく足の怪我が最後まで影響していたのではないかと推測しています。

 土井良太選手は芸能人のようなルックスもさることながら、ファンへの対応が非常に親切、丁寧であることでも有名でした。求心力を持った選手の退団はクラブとしても非常に痛いと思います。

 本人のコメントではまだ現役続行のようなので、新たな所属クラブが早く決まると良いですね。ご活躍をお祈りしております。

 

 

高橋悠馬選手

f:id:zenbuddhist:20161207070309j:plain

f:id:zenbuddhist:20161210125002j:plain

 

 高橋選手も土井良太選手と女子人気を二分していたイケメン選手。

 2012シーズンからグルージャに加入し、2013シーズンではチーム2位の13得点をあげる活躍で、J3昇格に大いに貢献しました。

 今季開幕前は、私が最も期待する選手の一人だったので、出場機会の少なさにはがっかりしました。シーズン終盤は途中出場ながら出場機会も得られて得点もあげていたので、ひょっとすると来シーズンの契約もありかも、と思っていましたが…。

 高橋選手のコメントからは、現役続行するのかどうかは分かりません。シーズン終盤のプレーぶりではコンディションは良さそうだったので、まだまだ選手として活躍出来るのではないでしょうか。

 今後のご活躍をお祈りしています。

 

 

 退団する選手との別れはツライものですが、2013年地域決勝大会優勝メンバーとの別れは、特に悲しいものがあります。

 しかし彼等が居なくなっても、グルージャ盛岡は続いていきますし、彼等の名前はグルージャの歴史に永遠に刻まれています。

 お互い良くなる方へ、前に進んで行けたら良いですね。