グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

土井康平選手 契約更新

 続々と2016シーズンの主力選手が契約更新しております。

 12月24日、 2016シーズンのグルージャをキャプテンとして牽引してきた土井康平選手の契約更新が発表されました。

 

土井康平選手

f:id:zenbuddhist:20161223093022j:plain

f:id:zenbuddhist:20161225072959j:plain

f:id:zenbuddhist:20161229074106j:plain

 

 土井康平選手は今季から松田賢太選手よりキャプテンを引き継ぎチームを牽引するとともに、第一GKとしてチーム内唯一の公式戦全試合出場(リーグ戦30試合、天皇杯3試合+県予選決勝1試合、国体2試合)を果たしました。

 土井選手本人は今季の失点数の多さ(47失点)に責任を感じているでしょうし、実際、土井選手のミスからの失点もいくつかありましたが、私は非常によくやってくれたと思っています。

 土井選手は2015シーズンはグルージャでは1試合のみの出場で、京都サンガへレンタル移籍していたので、私は今季久々に土井選手のプレーを見ることになりましたが、土井選手のプレーは2015シーズンに出場していた他のGKと比べ、全ての面で一枚上のプレーだったと私の目には映りました。

 今季のグルージャが繋いでいくサッカーを志向していたこともあり、土井選手の持ち味であるフィード能力の高さは、より如何なく発揮されたと思います。

 

 また今季の最終節栃木SC戦では、試合終了後の松田賢太選手の引退セレモニーで涙を見せる土井選手の姿も印象的でした。10年間チームの中心であり続けた松田選手に対しては、バトンを引き継いだキャプテンとして特別な想いがあったのだと思います。

 

 これで2017シーズンのグルージャは、土井康平選手、笠原淳選手、中島宏海選手の3名の契約が決まりました。笠原選手、中島選手にとって、土井選手は高い壁であり続けるでしょう。

 今月で28歳となり、プロ選手としてピークを迎えつつある土井選手が2017シーズンどこまで進化を見せてくれるのか、大いに期待しています。

 

 土井康平選手、契約更新ありがとうございます。2017シーズンもグルージャの中心として、チームを引っ張って行って下さい。よろしくお願いします。