グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

安楽健太選手 契約更新

 1月5日、安楽健太選手の契約更新が発表されました。

 

安楽健太選手

f:id:zenbuddhist:20161223093935j:plain

f:id:zenbuddhist:20161229075105j:plain

f:id:zenbuddhist:20161229074439j:plain

f:id:zenbuddhist:20170109081823j:plain

 

 2016シーズンのグルージャにおいて、安楽選手は最も浮き沈みの激しかった選手だったと言えます。

 大卒2年目、J3及びグルージャ1年目のシーズンで、開幕戦から左SBのスタメンに抜擢されましたが、第2節ガンバU23戦に出場の後、体調不良により長期のチーム離脱。

 しかし3か月後の第15節鳥取戦において途中出場で復帰。第16節富山戦でも途中出場し、自身の得点こそ無かったものの、富山DFをドリブルで切り裂きまくり2アシストの大活躍で、見事アウェイでの勝利の立役者となりました。

 この試合以降、安楽選手は左SHのスタメンとして殆どの試合に出場し続け、グルージャの「新スピードスター」として、その存在を確立しました。

 

 安楽選手の持ち味は切れ味鋭いドリブルにあります。そのプレーが相手ゴールに近いほど、相手DF陣にとっては大きな脅威になっていました。安楽選手の適性ポジションは、間違いなく左SBではなく左SHでしょう。

 恐らく菊池新監督も、左SHとして安楽選手を起用すると予想されます。

 今後の安楽選手の課題は決定力(リーグ戦1得点は寂しい)と、未だに軽い対応が目に付く一対一の守備だと思います。2017シーズンは、更にヴァージョンアップしたスピードスターぶりを見せて欲しいです。

 

 安楽選手、契約更新ありがとうございます。2017シーズンは安楽選手のゴールで、グルージャにたくさんの勝利をもたらして下さい。