読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

2次キャンプ7日目 トレーニングマッチ vs いわきFC

グルージャ盛岡 いわきFC キャンプ トレーニング マッチレビュー 岩渕良太 田中憧

 昨日はグルージャの2次キャンプ地である、いわきFCフィールドにて、いわきFCとのトレーニングマッチ(45分×2本)が行われました。

f:id:zenbuddhist:20170219105709j:plain

 

 まず最初に言うべきことは、素晴らしい場所をグルージャのキャンプ地として提供頂き、更にはいわきFCという素晴らしいチームとのTRMを一般公開試合として(ネットでのライブ中継まで)開催して頂いたいわきFC関係者の皆さんに感謝です。ありがとうございました。(来場者への無料配布パンを提供頂いた福田パンさんにも感謝です。おいしく頂きました。)

f:id:zenbuddhist:20170219105118j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219105139j:plain

 

試合結果

1本目 2-2 グルージャ得点者:谷口、岩渕

f:id:zenbuddhist:20170218194755j:plain

2本目 3-1 グルージャ得点者:福田、金、土館

f:id:zenbuddhist:20170218194818j:plain

 

2017グルージャ  チーム全体の印象

 私が2017グルージャを見るのはこれが今季初。選手の皆さん、今年もよろしくお願いします。

 

 今季初観戦してみて、観戦前に予想していたグルージャのイメージが変わることは殆どありませんでした。選手の顔触れは多少変わりましたが、予想通り良くも悪くも昨季からの継続性が見られました。

 最終ラインからのショートパス主体の組み立て、攻守の切り替えの早さ、機を見て相手陣内に人数をかけて押し込むスタイルは、今季も健在。

 そして相手プレスに押されDF、GKが相手にチャンスを献上することや、相手セットプレーに対する守備の弱さも健在。リーグ開幕まであと3週間ありますから、こちらの方はもう少し何とかしましょうね。

元ACミラン専門コーチのセットプレー最先端理論

元ACミラン専門コーチのセットプレー最先端理論

  • 作者: ジョバンニ・ビオ,片野道郎
  • 出版社/メーカー: ソル・メディア
  • 発売日: 2017/02/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 昨季と比べて変化したのは、縦への性急さが多少薄れたことと、サイド攻撃が少なかったことだと感じました。サイド攻撃が少なくなったのは、この試合がいわきFC相手だったからなのか、菊池監督の色なのかは、よくわかりません。

 

f:id:zenbuddhist:20170219095702j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219095905j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219100419j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219100614j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219100743j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219102722j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219102608j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219205938j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219101138j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219101300j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219101531j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219103921j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219101644j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219101803j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219101917j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219102131j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219102310j:plain

f:id:zenbuddhist:20170219103241j:plain

 

2017グルージャ 選手の印象

 別メニューで調整していた3名(畑本選手、安楽選手、菅本選手)以外は、全選手がこの日の試合には出場しました。

 昨季からの継続選手で特に印象が変わった選手はいませんでしたが、今季新加入選手の中では、岩渕選手が特に光っておりました。やはりこの選手はJ3においては、風格を感じさせます。今季、岩渕選手は間違いなくやってくれるでしょう。

 福田選手も今のところ、主力組を確保でしょう。

 ちょっと「おっ」と思ったのが2本目に出場した田中選手。インターセプト、ボール奪取に優れた選手という触れ込みでしたが、確かに寄せが早く、身長(177cm)の割には空中戦も強かった。恐らく「読み」が非常に良いタイプなのでしょう。今季のDF陣は層が厚く、高いレベルでのスタメン争いになりそうです。

 

リーグ開幕に向けて

  私にとってこの日のTRM観戦で最もポジティブなポイントだったのは、控え組主体と思われる2本目のプレーの質が、主力組の1本目と比べてさして落ちなかったことです。このことはグルージャの選手層の厚さを意味しており、昨年の今頃の状況と比べればこの点は雲泥の差ではないでしょうか。

 

 昨季のチームを継承しつつレベルアップを図るグルージャを生観戦し、この試合を楽しみながら今季のグルージャに期待を持つことが出来ました。全く楽観視は出来ませんが、良い感じでグルージャのキャンプは進んでいるようです。

 月曜日からは3次キャンプ(千葉県長柄町)が始まります。開幕までの3週間、中身の濃いトレーニングを怪我無く終えてくれることを祈っております。