読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー J3リーグ第1節 セレッソ大阪U-23 vs グルージャ盛岡

 今季もグルージャは我々を退屈させてくれないようです(もちろん半分皮肉)。

 12日、J3リーグ第1節セレッソ大阪U-23vsグルージャ盛岡キンチョウスタジアムで開催されました。

f:id:zenbuddhist:20170315082449j:plain

 

公式結果

f:id:zenbuddhist:20170315202704j:plain

f:id:zenbuddhist:20170314053739j:plain

f:id:zenbuddhist:20170314053750j:plain

 

フォーメーション

 グルージャの先発は全選手予想通りでしたが、4-4-2のポジションは左SHを梅内選手にして、岩渕選手をCFとして起用してきました。

 セレッソの先発ついては、私の予想は全く当たりませんでした。オーバーエージ枠は1人も使わず、U-18選手を多く含む若手選手(平均年齢約18歳!)を揃えてきました。

 

試合内容

 グルージャの試合の入りは悪くなかったように感じたのですが、次第にセレッソにサイドのスペースをつかれ劣勢に。前半は完全にセレッソのペースでした。

f:id:zenbuddhist:20170315082737j:plain

 17分にグルージャ左サイドからの温井選手のFKに、岸本選手が頭で合わせてセレッソ先制。

 33分、グルージャ左サイドからのクロスに岸本選手がトラップしてからシュート。GK土井選手がボールに触るも2失点目。

 1失点目はFKもヘディングも素晴らしかったので、まあ仕方ないかと思いましたが、2失点目は酷かった。逆サイドに相手選手を余らせているのが問題ですが、岸本選手をマークした鈴木達也選手の対応も中途半端。こんな守備では勝てる試合も勝てません。ちなみにこの日の鈴木選手は、私が観戦した中ではワーストの出来でした(鈴木選手だけの問題でもないのですが)。

 

 40分過ぎに菊池監督の指示により、林選手と益子選手のポジションをチェンジすると、少し流れがグルージャに傾いてきました。

 後半はグルージャのチャンスが増えていきました。

 51分、八角選手のクロスから迎えた谷口選手の絶好機は、残念ながらシュートがホームラン。トラップ、切り返しは完璧だったのですが…。

f:id:zenbuddhist:20170315082925j:plain

 しかし頼れる助っ人が決めてくれました。70分、岩渕選手が難易度の高いボレーシュートで、グルージャにおける初ゴールを決めて1点差。

 77分、計算された崩しから最後は谷口選手がこれまた素晴らしいシュートを決めて、遂に同点に追いつきました。これがグルージャのエースだ!

 ちなみに谷口選手のこのゴールは、ゲキサカが選ぶJ3第1節ベストゴールの第1位に選ばれました。おめでとうございます。

【動画】J3週間ベスト5ゴール:第3節 | ゲキサカ

 80分には中央の岩渕選手からのパスで梅内選手が絶好機を迎えますが、シュートは相手DFの足に弾かれてしまいました。ボールを置きに行くのではなく、もっと思い切って打っていれば…。

 このまま2-2で試合終了。

f:id:zenbuddhist:20170315083056j:plain

選手の評価

 この試合のMVPはゴラッソな1点目を決め、グルージャの攻撃の中心だった岩渕選手。次点が谷口選手と土井選手(私個人の主観です)。この試合でスーパーセーブを連発した土井選手ですが、土井選手のセーブはDAZNが選ぶJ3第1節ベスト5セーブに2つも選ばれました。これまた、おめでとうございます。

 

 もう一人取り上げなければならないのが、この試合で途中出場ながらJ3デビューを果たした今関選手。素晴らしいデビュー戦だったと思います。岩渕選手が決めた1点目は、今関選手の滑り込みボレーシュートが無ければ生まれていませんでした。次は今関選手自身のゴールを決めましょう!

 

菊池監督の采配

 菊池監督にとって、この試合がプロ監督として初の公式戦でしたが、無難な船出だったのではないでしょうか。

 グルージャの得点は、2点ともショートパスを多用した流れから生まれた素晴らしいものでした。昨季のグルージャの良さは、今季もうまく継続出来ているようで一安心。

 40分過ぎの林選手と益子選手のポジションチェンジ、58分の守田選手投入、64分の今関選手投入と、菊池監督は確実に効果のあった采配を振るうことが出来ていた思います(素人が生意気言って申し訳ありません)。

  しかし開幕前にいわきFC、VONDS市原とのトレーニングマッチを見てきた者としては、少なくとも前半は「ウィークポイントが全然直ってないじゃないか!」とも言いたくなりました。

 中央で攻めあぐねてボールを奪われ、サイドを突かれていたことに関しては、早急の対応が必要でしょう。試合を通したグルージャの守備問題は、こちらのセレッソサポーターの方が詳しく的確に分析されております(丸投げ)。

  もちろん口で言うほど簡単には修正出来ないと思うので、長い目で見て応援していくつもりです。

 

f:id:zenbuddhist:20170314053837j:plain

 2点差をよく追いついたと言える試合でしたが、今のグルージャであれば、この日の平均年齢18歳のセレッソには勝たなければいけなかったと思います。

 選手たちがこの結果に全く満足していないことは、試合後の顔を見れば分かります。グルージャがこの試合を糧に、また一段階強くなった姿を、次節以降見せてくれることを期待しています。