読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー J3リーグ第2節 FC琉球 vs グルージャ盛岡

マッチレビュー グルージャ盛岡 FC琉球 梅内和磨 鈴木達也 八角大智 菅本岳

 グルージャ初勝利、キターーー!!!と、柄にもなくはしゃぎたくなる位の 素晴らしい勝利でした。

 18日、沖縄県総合運動公園陸上競技場にてJ3第2節FC琉球vsグルージャ盛岡が行われ、グルージャが今季初勝利を手にしました。

 何度も言いますがDAZNの存在が無ければ、この感動も家に居ながらにして手に入れることは出来ませんでした。DAZN様、本当にありがとうございます。

 

公式結果

f:id:zenbuddhist:20170318204821j:plain

f:id:zenbuddhist:20170318205833j:plain

f:id:zenbuddhist:20170318204845j:plain

 

フォーメーション

 FC琉球のスタメンは予想通り前節と全く一緒でしたが、この日の大ネタはグルージャの3バック。CBとして畑本選手、福田選手、久保選手を並べ、4バック時のSB鈴木選手と八角選手がそのまま一列上がって、WBになりました。前線はCF谷口選手、シャドウ(OH)に岩渕選手、梅内選手。

 昨季はほぼ全ての公式戦で4-4-2を採用していたため、グルージャが3バックを見せるのは久々のこと。キックオフ前にグルージャスタメンを見て3バックを確信し、非常にワクワクしてしまいました。

 

試合内容

 意外にも試合はグルージャペースで進みました。

 18分、八角選手が左サイドで谷口選手へ縦パス。八角選手が深い位置でもう一度受け取ってクロス。梅内選手がどんぴしゃでヘディングシュート、でしたがボールは枠の外。あそこまでフリーだったら決めなきゃ駄目。

  21分、琉球のカウンター炸裂。パクリキ選手が左サイドからドリブルで持ち込み富樫選手へ。富樫選手は右前方に走り込んだ藤澤選手に渡し、藤澤選手が折り返したところを富樫選手の強烈な右足シュートでゴール。琉球はこれが今季初得点。琉球らしい素早い攻撃でしたが、グルージャはほんの少し陣形を整えるのを早めれば、防げた失点だったと思います。

 24分、鈴木選手が右サイドをドリブル突破からクロス。中央へ走り込んだ梅内選手が、相手GKと交錯しながらヘディングシュートでゴール!同点に追いつきました。

 

 ゴール後、なぜか決めた梅内選手を映さず、岩渕選手を追いかけている謎のDAZNカメラワーク。梅内選手、チャンスを外してばかりだとこういう仕打ちを受けますよ(笑)。

 39分、富樫選手がドリブル中央突破からシュートするも、わずかにゴール右に逸れました。ここはよく畑本選手が体を寄せていました。

 43分、ペナ内の混戦から岩渕選手が強いシュートを打ちましたが、相手DFがブロック。

 51分、鈴木選手から谷口選手に縦が入りペナ内までドリブル。中央で走り込んで来た梅内選手にパス。梅内選手のシュートは枠内でしたが、GKがナイスセーブ。今回は梅内選手を、DAZNカメラがしっかりキャッチ(笑)。

 55分八角選手の左サイド奥からのクロスに岩渕選手がペナ内でシュートするも、相手DFクリア。

 61分、右からの富所選手のCKに、西岡選手がうまく福田選手のマークを外してヘディングシュートするも、ボールはゴール左に逸れました。

 67分、富樫選手のスルーパスに抜け出した才藤選手がシュートするも、GK土井選手がブロック。

 両チームともにチャンスを作りながら、あと一押しが足りない展開でしたが、85分、遂にグルージャが均衡を破りました。右サイドを垣根選手がドリブルで上がり、そのままクロス。ファーに走り込んだ八角選手が左足を滑り込ませゴール!これで勝ち越し。

 2-1で試合終了。グルージャの大勝利です。

 

選手の評価

 この日のマンオブマッチは、決勝点を決めた八角選手。頻繁に相手ゴール近くに顔を出し、試合を通しての運動量はかなりのものだったと思います。

 私がこの試合で嬉しかったのは、前節セレッソU-23戦で評価を落とした両SB鈴木選手、八角選手が、新しいフォーメーションで見事にWBを務め上げ、躍動を見せてくれたことです。

 

 梅内選手もようやく1発決めてくれましたDAZNのカメラにも顔と名前を覚えてもらえるよう、もっともっとゴールを決めなくてはいけません。

 

 前節の今関選手に続き、同じく大卒1年目の菅本選手がこの試合で途中出場ながらJ3デビューを果たしました。おめでとうございます。八角選手の決勝点は、垣根選手が右サイドをえぐってクロスを入れたことにより生まれましたが、あの時間帯に右サイドの攻撃を活性化させたのは菅本選手でした。

 現在のグルージャは怪我人が数名出ていますが、第2節にして新卒新加入の今関選手、菅本選手を使える目途がたったことはグルージャにとって非常に大きいでしょう。

 

総評

 まず菊池監督、J3初勝利おめでとうございます。

 この試合は、両チームとも高いレベルの「戦い」を見せた好ゲームでした。

 グルージャの3バックは新鮮に映りましたが、これが公式戦初とは思えないくらいうまくハマりました。菊池監督、髙﨑コーチも会心の出来だったのではないでしょうか。3バックのおかげだけではないのでしょうが、選手間の距離・位置取りが前節より遥に良かったと思います。

 

 グルージャはこの勝利で、次節のホーム開幕戦へ非常に良い形で繋げることが出来ました。

 FC琉球はこの日のホーム開幕戦に4,438人の観客を集めましたが、グルージャは今季ホーム開幕戦にどれだけ集められるでしょうか。

 グルージャの選手たちは本当によくやっていますし、面白くワクワクさせてくれるサッカーを見せています。岩手の人たちに、地元に誇るべきフットボールクラブがあることが伝わらず、伝わるのは良くないニュースの時ばかりなのが何とももどかしい。

 ホーム開幕戦は多くの観客の前で、選手たちにプレーさせてあげたいですね。次節は私も現地で観戦予定です。

 

 岩手の皆さん、26日(日)は家族、友人、知人を誘って、ぜひともいわスタへ、グルージャを応援しに行きましょう。そこには必ず感動がある、はず。