グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチプレビュー J3リーグ第4節 ブラウブリッツ秋田 vs グルージャ盛岡

 本日、グルージャブラウブリッツ秋田のホーム開幕戦であるJ3第4節に臨みます。

 前節のホーム開幕戦でカターレ富山に完敗したグルージャを、菊池監督がどう立て直してくるのか。厳しい戦いになると思いますが、この試合の内容でグルージャのシーズン前半戦が占えるような重要な1戦になるでしょう。

 

 

ブラウブリッツ秋田との対戦成績

f:id:zenbuddhist:20170322065845j:plain

  昨季のブラウブリッツは過去最高の4位でシーズンを終えました。グルージャとは1分1敗でしたが、集客面を含めてグルージャの遥か彼方上のクラブになってしまった印象です。

 

ブラウブリッツ秋田の前節試合結果

 ブラウブリッツは第3節はお休み節でした。2週間前の第2節セレッソ大阪U-23戦は、3-1で勝利。久富選手が2戦連続ゴールしており、今節に3戦連続得点がかかっています。

 

フォーメーション、試合予想

f:id:zenbuddhist:20170330071749j:plain

 

 ブラウブリッツは監督が間瀬監督から杉山監督に変わっても、昨季を踏襲した3-4-2-1で今季も臨んでいるようです。ブラウブリッツは第2節と同じスタメンとしました。

 グルージャは4-4-2で右SHを菅本選手にしました。

 

 間違いなくブラウブリッツは前節のグルージャvsカターレ戦を参考にして作戦を立ててくるでしょう。中盤でボールを奪い、グルージャDFの裏へクロスやスルーパスでカウンター。ブラウブリッツには、ターゲットマンの田中選手、機動力のある前山選手、久富選手、青島選手、とその戦術を遂行するメンツは揃っています。

 対するグルージャは前節の反省をどう生かしてくるか。手っ取り早いのは3バック(5バック)にしてラインを下げること。グルージャDFでも5人並べてリトリートすれば、前節にカターレにやられたようなパターンの失点は少なくなるでしょうが、その分グルージャらしい縦に速いショートパスの攻撃は少なくなります。しかし4-4-2でいくと前節の二の舞いになる可能性が…。菊池監督はどういう策を用意してくるのでしょうか。

 

 今日はDAZNグルージャの戦術をじっくり確認しながら観戦する予定です。