グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー J3リーグ第13節 ガンバ大阪U-23 vs グルージャ盛岡

 6月18日にアウェイで行われたJ3第13節ガンバU-23戦は、0-1の敗戦。これで3連敗となりました。試合内容も芳しく無く、サポーターにとってはストレスが溜まるつらい試合となってしまいました。

  今季ここまでのグルージャは、試合をこなす度に厳しい状況になっています。

 現在のグルージャに対する適性な期待度合がどの辺りなのか、私も分からなくなってきました。期待が大きいからこそ、期待通りにならなかった時に腹が立ってしまう訳で、今の彼らには期待が過剰過ぎるのかな…と。

 とにかく今が底だと思いたいです。

 

公式結果 

f:id:zenbuddhist:20170618201035j:plain

f:id:zenbuddhist:20170617200512j:plain

f:id:zenbuddhist:20170618201637j:plain

 

フォーメーション

 両チームともフォーメーション、スタメンともに前節と全く同じでした。

 

試合内容

 ガンバのプレスに押されグルージャの試合の入りは芳しくありません。

 3分、土井選手のキャッチから垣根選手にスローすると、すかさず高選手がボールを奪い、芝本選手とのパス交換からペナ左に進入しシュート。ボールはDFに当たって右へ流れました。土井選手もDFも軽いプレーでした。

 5分、森選手のミドルのファーストシュートはDFに当たってGKキャッチ。

 12分、平尾選手が右サイドを上がって高江選手にパス。高江選手はファーにクロスを入れると郡選手がフリーでヘディングシュート。ボールは土井選手の頭上を山なりの軌道で越えてゴール右に入りました。郡選手の近い位置にいたのは鈴木選手。ボールに触れなくても最低限、郡選手に体を寄せていなければならない場面でした。しかしそれ以前に、本来郡選手にマークにつくべきは畑本選手。この場面、畑本選手は離れた場所で棒立ち状態。グルージャにとって相手に献上したような酷い失点でした

 17分、高江選手の左サイドのDF裏を狙ったスルーパスに妹尾選手が反応。そのままドリブルからシュートも土井選手が右足でブロック。

 26分、一美選手が左サイドでのドリブルから中央の郡選手、芝本選手と繋いでDF裏へ飛び出した妹尾選手にパス。更に外からペナ内に走り込んだ嫁阪選手にボールが渡り中に入れますが土井選手がブロック。

 35分、左サイドの森選手から岩渕選手に繋ぎ、最後は右サイドからあがってきたフリーの鈴木選手が豪快なミドルシュート。残念ながらボールはクロスバーに弾かれアウト。良いシュートでした。

 45分、右サイド平尾選手から中央の一美選手へパス。上手いトラップからドリブル、切り返してシュート。ボールは枠内でしたが、土井選手がジャンプしてファインセーブ。

 48分、左サイトにいた一美選手にスルーパスが入り、ドリブルで中央まで持ってきてシュート。しかしボールはわずかにゴール左に逸れました。

 53分、ガンバのクリアボールのこぼれ球を梅内選手がDFと交錯しながらシュート。しかしボールはミートせず枠内に飛びません。

 67分、右サイドから高江選手がドリブルであがりミドルシュートも枠外。

  76分、鈴木選手からペナ内の梅内選手へスルーパス。梅内選手にしては良い切り返しから左足シュートまでもっていきました。ボールは枠内の右隅に飛びましたが、GK林選手がファインセーブ。更にこぼれを途中出場の菅本選手が狙いますが、これも林選手がブロック。非常に惜しい場面でした。

 試合終了、0-1で敗戦。

 

選手の評価

 MOMは昨季所属チームに恩返し弾を決めた郡選手。積極的なプレスで守備にも貢献。前節の試合よりも更に良い出来で、今後にも期待を感じさせる内容だったと思います。

 ガンバはどの選手も攻守によく走り、足元の上手さはさすがガンバといった感じ。

 グルージャはとにかく効果的なパスが通せず、少ないチャンスもフィニッシュ精度が今一つ。

 グルージャの失点シーンは言語道断、全く言い訳の出来ないプレー。下手なのは分かっているので普段は私もそれほど怒らないのですが、この失点シーンは怒りと失望を感じてしまいました。DF陣には猛省して頂きたい。しかし代わりを務める選手がいる訳でもなく、彼等に頑張ってもらうしかないのでしょう。

 

総評

 グルージャはまたもしょっぱい試合をしてしまいました。ガンバの出来が良かったことはありますが、攻守においてあまりにも精度が低すぎました。

 35分のクロスバーに弾かれた鈴木選手のシュート、76分の林選手にセーブされた梅内選手のシュートが入っていれば、まだ救われたのですが…。

 この日の救いは、盛岡で行われたパブリックビューイングがそこそこ盛り上がったらしいこと。今後も定期的に行って欲しいです。ぜひ私も参加してみたいと思います。

 

 前節の栃木SC戦で調子が上がる兆しを見せたかと思っていたのですが、また悪い内容の試合で敗戦。これで泥沼のリーグ3連敗。13位で終了した昨季もリーグ戦は3連敗までで4連敗は無かったので、次節には非常にプレッシャーがかかります。

 

 次節の前には21日に浦和レッズとの天皇杯があります。駒場スタジアムへの足取りも非常に重くなってきました。勝敗はともかく恥を晒すような試合にはしてほしくありませんが…。天皇杯2回戦プレビューに続く。