グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチプレビュー J3リーグ第15節 グルージャ盛岡 vs 鹿児島ユナイテッドFC

 何やら急激に騒がしくなったグルージャ公式発表。クラブ解散間近のヤケクソなのでは…と心配になる程の露出過多ぶり。『キヅール』のことはひとまず置いてといて…。

 今日のホーム戦前にはサポーターズカンファレンスが開催されますが、更にいわスタではJリーグマッチデーハイライトでおなじみだったあの平ちゃん(平畠啓史氏)が、Jリーグ動画企画の撮影でボランティアに参加してくれるとのこと。平ちゃんがグルージャをどう取り上げてくれるのか楽しみです。

 最近のグルージャフロントには「やる気」が感じられ好感が持てます。尚、『キヅール』については後でまとめて記事にしたいと思います。

 本題に移って…今節より15:00開催となったホームいわスタでの鹿児島ユナイテッドFC戦のプレビューです。

 

鹿児島ユナイテッドFCとの対戦成績

f:id:zenbuddhist:20170625172017j:plain

 昨季はホーム、アウェイともにシーソーゲームの打ち合いの試合となり、結果1分1敗。CFの藤本選手はすっかりグルージャの天敵として認知されました。グルージャDF陣は藤本選手には今回きっちりと借りを返さなくてはいけません。

 

 

 

 

直近公式戦5試合結果

グルージャ盛岡(13位、勝ち点:14)

f:id:zenbuddhist:20170625172040j:plain

  グルージャ天皇杯浦和レッズ戦で洗礼を受け覚醒してしまったのか、前節では福島ユナイテッド相手にケチャップドバドバの大爆発。この勢いは本物なのか?

 

鹿児島ユナイテッドFC(6位、勝ち点:20)

f:id:zenbuddhist:20170625172112j:plain

  鹿児島で興味深いのは13戦して7勝6敗で引き分けがゼロであること。負けているのはセレッソU-23以外全て上位チーム。

 このたびJ2ライセンス申請を明言した鹿児島にとって、「格下」グルージャには負けられないでしょう。

 

フォーメーション予想

f:id:zenbuddhist:20170629032619j:plain

 

 鹿児島は前節出場停止だった赤尾選手が復帰、CBの片方は上本選手でなく田中選手とした以外は、全て前節と同じスタメンで予想。鹿児島の注目選手はもちろん、現在得点ランキングトップ(10得点)の藤本選手。

 グルージャは前節、梅内選手、垣根選手、鈴木選手が天皇杯からのターンオーバーでベンチでスタートでしたが、3人とも今節はスタメン復帰と予想。前節久々のスタメンで出場し、大活躍した谷村選手を岩渕選手に代えてスタメンと予想してみましたが如何に…。

 

試合予想

 鹿児島は今季から監督が替わりましたが、スタッツを見る限りサッカーの内容にはそれほど変化は無いようです。オーソドックスな4-4-2のチームですが、三浦泰年監督のチームになったにも関わらず特にパス数が多くなっている訳ではありません。このチームの「戦術その1」は如何に藤本選手に前を向かせてゴールを触らせるか、みたいな所があります。グルージャとしては、とにかくJ3において最も危険なストライカーである藤本選手に前を向かせてボールを持たせてはいけません。執拗に藤本選手DFを裏に走らせてくるでしょうが、今のグルージャなら守りきれる…と思う。

 鹿児島はアタッキングサードからのプレー数が多くないのにも関わらずPKで4点取っていることは、ペナ内で質の高い危険な動きが出来ているということでしょうか。また今季セットプレーから5点取っており、松下選手のキックは要注意。 

 今季の鹿児島の失点数は1試合平均1点なので、浦和レッズ戦、福島ユナイテッド戦での運動量と速いパス廻しが出来れば、グルージャは1点は取れるのでは無いでしょうか。とにかくこの試合は打ち合い必至でしょう。

 

 グルージャの選手たちも、最近のフロントの「攻めの姿勢」に負けない位の闘いを、鹿児島ユナイテッド戦で見せて欲しいものです。

 今日もDAZNでの視聴でグルージャを応援して行きます。