グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー J3リーグ第18節 グルージャ盛岡 vs ガイナーレ鳥取

 またやってしまったか…という酷い内容でホームでの敗戦。

 7月23日にホームいわスタで行われたJ3第18節ガイナーレ鳥取戦は、グルージャが先制するもスコア1-2で逆転負けとなりました。 

 

公式結果

f:id:zenbuddhist:20170723175841j:plain

f:id:zenbuddhist:20170723175857j:plain

f:id:zenbuddhist:20170723175926j:plain

 

フォーメーション

 グルージャガイナーレともに前節からのスタメン、フォーメーション変更は無し。

 

試合内容

 1分、左サイドからのグルージャの攻撃。谷口選手から左の八角選手に落として最後は林選手がミドルシュート。しかしボールは枠の左上へ。

 3分、沼選手からDF裏へのスルーパスに反応し岩元選手が飛び出しますが、GK土井選手がペナ外まで出てクリア。

 4分、谷口選手が右サイドからドリブルでペナ内まで上がり折り返し。林選手が繋いで八角選手がシュートするもゴールの左。 

 6分、山道選手のロングパスに加藤選手が頭を合わせますが、山なりのボールとなり土井選手がキャッチ。

 8分、右サイドを谷村選手がドリブルで上がり、鈴木選手に一旦戻してから再び谷村選手がボールを受けてシュート。しかしボールはゴールの左。

 10分、サイドチェンジのボールを受けた河合選手が左サイドをドリブルで上がり、そのまま中央まで切れ込むとミドルシュート。しかしボールはゴールの右。

 16分、林選手の左CKを福田選手が頭で落としますが、すぐに井上選手がクリア。

 18分、林選手からパスを受け中央から谷村選手がミドルシュートを打ちますが枠を捉えず。

 20分、中盤の混戦から池ヶ谷選手が裏に落とすパス。加藤選手が飛出し中央へ折り返すと、沼選手が福田選手をかわして左足でシュート。しかし土井選手がナイスセーブ。ガイナーレの決定機でした。

 21分、沼選手の左CKを井上選手が頭で落とすも谷村選手クリア。

 39分、谷村選手が右サイドをドリブルで上がり、谷村選手を追い越した鈴木選手へパス。鈴木選手がゴールライン間際からクロスを上げるも、GK杉本選手キャッチ。

 43分、グルージャ陣内中央からの沼選手のFKは壁に当たり、こぼれを拾った池ヶ谷選手がクロスを入れるも谷口選手がクリア。

 前半終了。主導権はグルージャにありますが、20分のピンチは失点していておかしくないシーンだったので、0-0での折り返しはまずまずか。

 後半開始。47分、グルージャ右サイドからの攻撃。林選手から谷村選手へパス。谷村選手はドリブルから右サイド裏に抜けた鈴木選手へパス。鈴木選手はペナ内に入りシュートを打つもボールはゴールの左上へ。

 55分、中盤でボールを奪った廣田選手が中央をドリブルで上がってそのままシュート。しかしボールはゴールの左へ。

  56分、畑本選手から谷口選手へ楔のパスが入ると、谷口選手はドリブルで相手を交わしてグラウンダークロス。中央で待っていた梅内選手が狙い澄ましたシュートはゴール内右隅に決まりました。スコア1-0。

 58分、岩元選手のドリブル突破をグルージャDFが止めきれず、岩元選手が右からグラウンダークロス。中央で沼選手が待っていましたが、これを林選手がスライディングでカットすると、こぼれたボールを加藤選手が滑り込んでシュートし決めてしまいました。スコア1-1。

 59分、中盤で梅内選手が沼選手に突っかけられボールを奪われると、岩元選手から加藤選手にボールが渡りGKと1対1。しかし加藤選手シュートはゴールの右に逸れました。グルージャは命拾い。

  62分、バックパスを受けた土井選手が岩元選手にプレスをかけられると、土井選手は中途半端な短いパス。カットした廣田選手からすぐにボールが岩元選手に戻り、岩元選手は落ち着いて土井選手の右を抜くシュートを決めました。スコア1-2。

 66分、林選手からペナ内の谷口選手に縦パスが入りヒールで落として、梅内選手がシュートも相手DFがブロック。

 74分、右サイドから鈴木選手が谷口選手とワンツー。右奥から鈴木選手が放ったクロスに林選手が滑り込んで合わせますが、ボールは枠を捉えず。

  75分、右サイドドリブルで上がった鈴木選手がミドルシュートもボールはゴールの上へ。

 86分、守田選手の右CKに福田選手が頭を合わせますが、ボールは枠を捉えず。

 90+1分、CKのこぼれの流れから、ループ気味の林選手のシュートは杉本選手キャッチ。

 試合終了。1-2でグルージャの敗戦。

 

選手の評価

 MOMは鳥取の1点目をあげた加藤選手。グルージャDFの裏を狙い続け、クロスのこぼれに素早く反応して同点弾をあげることに成功しました。

 グルージャは梅内選手がゴールをあげた1点目の形は非常に素晴らしいものでしたが、失点については1失点目に繋がった岩元選手のドリブル突破を許したCBの緩い寄せ、2失点目を自ら呼び込んだ土井選手の中途半端なパス、ともに目を覆いたくなる酷いミスからのものでした。

 特に土井選手については、20分のナイスセーブもあっただけに、非常に残念なミス。土井選手には精神的な疲労もあるような気がするので、3連敗を喫した後の結果論としては、1、2試合土井選手を休ませても良かったかも…とは私も思いました。

 しかし先発選手は監督が決めること。中島選手待望論もあるようですが、中島選手が普段のつなぎグラウンドでの練習で、自分が先発に相応しい選手であることを証明すれば良いだけの話。ここまで中島選手が先発に選ばれないのは、中島選手がそれを証明出来ていないから。私は菊池監督の選択を尊重しますし、土井選手でも中島選手でも笠原選手でも出てきた選手を応援します。話が横に逸れましたが、ちょうど良い機会だったので書いておきました。

 またチームとして得点後に意思統一が図れず、失点を重ねてしまったようにも感じられました。相手からの圧力が増すと全体がバタつくのは相変わらず。ポジションやキャリアから言って林選手や福田選手、畑本選手あたりが積極的に声を掛け、チーム全体のコンセンサスを取りながらチームを纏めていかなければいけないのですが…。

 

総評

 J3下位チーム同士らしいバタバタした内容の試合でした。主導権を取れている時間はグルージャのほうが長かったので、グルージャは最低でも引き分けにしなければならなかったと思いますが、自滅と言えるような失点でホームでの敗戦。サポーターにとっては受け入れ難い結果でしょう。

 グルージャガイナーレ鳥取に11試合ぶりの勝利をプレゼントし、自身はこれで3連敗。順位も14位まで落ち、非常に後味悪い形でリーグ中断期間に入ることになりました。

 チームは進化しているはずなのに、気づけばリーグ順位はいつもの定位置へ…。

 気分は凹んでしまいがちですが、こんなことでは次節の北上陸上競技場でのガンバ大阪U-23戦に15,000人集めることは出来ません。

 次節までは1ヶ月あるので選手は頭を整理しリフレッシュして、初開催となる北上でのガンバ大阪U-23戦に臨んで欲しいです。私もそれまでには気分を回復させて15,000人チャレンジに参加したいと思います。