グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー J3リーグ第20節 栃木SC vs グルージャ盛岡

 グルージャはJ3第20節、アウェイでの栃木SC戦においてスコア2ー3で敗北。これでリーグ戦5連敗となりました。

 この結果により、順位は16位と変わりませんでしたが、次節の結果次第でグルージャが最下位になる可能性が出てしまいました。

 

公式結果

f:id:zenbuddhist:20170902064414j:plain

f:id:zenbuddhist:20170831045722j:plain

f:id:zenbuddhist:20170831045740j:plain

 

フォーメーション

  栃木SCは前節に引き続き4-4-2。右SBのみ夛田選手に変更。

 グルージャも前節に引き続き4-2-3-1。しかし今季初めて谷口選手を先発から外し、ワントップに梅内選手、右SHに谷村選手、左SHに菅本選手。そして前節の試合で大怪我(眼窩底骨折)を負い長期離脱となった土井選手に代わり、今季初めて中島選手が先発としてゴールを守ります。

 

試合内容

 2分、菅本選手が左サイドをドリブルで上がり、谷村選手とのワンツーからシュート。当たりが弱く、GKレオーニ選手がキャッチ。

 2分、菅選手から右サイドの牛之濱選手へロングパス。牛之濱選手が落としたボールを上形選手がペナ外からボレーシュート。ボールはクロスバーに当たり跳ね返りました。

  6分、上形選手から左サイド裏へのパスが入ると、西谷選手が抜けてドリブルで守田選手を振り切りクロス。牛之濱選手がペナ内ニアでダイビングヘッド。中島選手は触れずゴール左に決まって栃木SC先制。グルージャまたしても序盤に相手の先制を許しました。西谷選手に簡単に振り切られた守田選手の軽い守備は残念。

 7分、林選手のクロスはレオーニ選手キャッチ。

 10分、ペチュニク選手のミドシュートルは中島選手がキャッチ。

 14分、左サイド八角選手のクロスに林選手がヘディングシュートするも枠を捉えず。

 18分、西谷選手のミドルシュートは中島選手がキャッチ。

 19分、右サイド夛田選手のクロスから牛之濱選手がヘディングシュートするも枠を捉えず。

 25分、仙石選手のCKにペチュニク選手が左足ボレーを試みましたがミートせずゴール左へ。

 30分、左サイド、菅選手のロングスローからペチュニク選手が触ったボールを岡崎選手と土館選手が追いかけ、土館選手がクリアにいった足が岡崎選手の足を強く蹴ってしまいますがPKは無し。PKを取られかねない危ないプレーでした。

 32分、右サイド谷村選手のパスから土館選手がミドルシュートするも、ボールはわずかにゴール左へ。

 38分、八角選手からパスを受けた差波選手がDF裏へのスルーパス。走り込んだ梅内選手が左足でシュートに持ち込むも、ボールはゴール上へ。グルージャはこの試合初めてと言える決定機。

 40分、CKのこぼれを八角選手がミドルシュートするも、ゴールの遥か上。

 43分、夛田選手がグルージャDF裏へボールを入れると、牛之濱選手がドリブル独走。右サイドからそのままフリーでクロスを入れると、ニアの上形選手が足を合わせシュート。しかし中島選手がファインセーブ。

 前半を0-1で終了。失点以外にも相手シュートクロスバー直撃、PKぎりぎりセーフの際どいプレー、中島選手のファインセーブ、があったので、失点が1で済んでいるのはまだ良い方か…。

 

 後半開始。48分、右サイドの仙石選手のFKはこぼれを中島選手がキャッチ。

 54分、尾本選手から右サイドの裏へロングパス。走り込んだ牛之濱選手がフリーの上形選手を狙ったクロスを放つも、中島選手がキャッチ。

 56分、夛田選手が右サイドからフリーで入れたクロスは中島選手がキャッチ。

 58分、左サイドからの仙石選手のCKに広瀬選手が頭で合わせますが枠を捉えず。

 64分、仙石選手から右サイドでパスを受けた藤沼選手がドリブルでペナ内まで進入しシュートするもDFに当たり外へ。

 65分、右サイドのCKから岡崎選手がクロスを入れると、牛之濱選手がトラップから反転して左足シュート。ボールは右ポストに当たって跳ね返ったところを中島選手が何とかキャッチ。

 66分、林選手アウト、谷口選手インで4-4-2にフォメ変更。

 66分、広瀬選手の鋭いミドルシュートは中島選手がキャッチ。

 73分、左サイドから入ったボールを藤沼選手がドリブルからペナ内で強烈なシュート。しかし中島選手がブロック。

 73分、再び左サイドから栃木SCの攻撃。岡崎選手からボールを貰った西谷選手がドリブルでペナ内に進入し、角度の無い所から左足シュート。ボールは中島選手の左手をすり抜け右ポストに当たりゴール内に入りました。安易に岡崎選手に食いついてスペースを空けた谷村選手の軽率なプレーが招いた失点でした。0-2。

 76分、右サイド菅本選手のスローインからペナ内で梅内選手が収めて返し、菅本選手が左足シュート。レオーニ選手の体をすり抜けゴール内右隅に決まり、グルージャが久々の公式戦得点。1-2。

 78分、中盤で栃木がボールを奪うと牛之濱選手から左サイドの西谷選手にボールが渡り、西谷選手がドリブルからシュート。ボールは畑本選手に当たってコースが変わり、中島選手も触ったものの、ボールはゴールに吸い込まれました。1-3。

 81分、土館選手のパスを谷口選手が頭で落とし、受けた谷村選手がドリブル。再びペナ内の谷口選手に渡りシュートするもDFブロック。

 83分、長いFKが右サイドに走り込んだ菅本選手に通り、DFをかわしてシュートまで持ち込んだものの前に出てきたレオーニ選手がブロック。

 87分、グルージャ陣内の菅本選手のスローインを跳ね返したボールがペナ内に落ちると、福田選手とペチュニク選手がスライディングで交錯。立ち上がって睨み合う二人。

 90+2'分、左サイドの久保選手のスローインから谷口選手がペナ内で収め、受けた久保選手が角度の無い所からシュートするもDFブロック。

 90+3' 分、差波選手の左サイドCKをニアの谷口選手が直接ヘディングシュート。 枠内左に決まって2―3。栃木SCはマークはついていましたが、ニアに走り込んだ久保選手に気を取られ、一瞬対応が遅れたか。

 試合終了。2-3で敗北。

 

選手の評価

  MOMは勿論、2ゴール1アシストの西谷選手。シュート、ドリブル、クロスで「違い」を見せつけ、栃木SCの完勝に貢献しました。

 その西谷選手のクロスを見事なダイビングヘッドで先制点を決めた牛之濱選手も相変わらず素晴らしい出来。お元気そうで何よりです。必ず来季はJ2でプレーして下さい。

 ほぼ100%の確率で前線でボールを収めるペチュニク選手のプレーは規格外。グルージャ戦で彼を使うのは反則では無いでしょうか。

 グルージャは相変わらずの軽い守備で失点。選手個人のスキルやフィジカルで相手に敵わずに負けるのは納得出来るのですが、この試合の1失点目、2失点目などはそう見えないので、やるせない気持ちになります。個人攻撃はしたくないのでこの辺にしますが、失点に絡んだ選手は、支払っている授業料分の進歩は見せて欲しいです。

 久保選手の復帰と差波選手のCKから得点を上げたことについては、今後に向けての好材料でした。

 

総評

 終盤に追い上げは見せたものの、軽い守備のツケは返せず。1点差の敗戦ですが、得点チャンスの数を比べると完敗だったと言って良いでしょう。

 予想していたこととはいえ、5連敗は精神的にきついものがあります。私は最下位になっても構わないとは思っていますが、何らかの進歩は見せてくれないと納得は出来ません。

 「降格が無いなら何位になっても同じ」では絶対にありません。今季どれだけインパクトのある試合をするかは、確実に来季のクラブの力に繋がります。

 残りの13試合、グルージャの選手たちの意地に期待しています。