グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー J3リーグ第2節 アスルクラロ沼津 vs グルージャ盛岡

 グルージャは3月17日に愛鷹広域公園多目的競技場で行われたJ3第2節、アスルクラロ沼津戦 にスコア0-1で敗れ、今季初勝利は第3節のホーム開幕戦に持ち越しとなってしまいました。

 

 

公式結果

f:id:zenbuddhist:20180318151443j:plain

f:id:zenbuddhist:20180320060944j:plain

f:id:zenbuddhist:20180318151518j:plain

 

フォーメーション

 両チームともいつもの4-4-2。

 アスルクラロの前節からの変更点は、CHを谷口選手から前節で左SHだった普光院選手に、左SHを前節で右SHだった太田一選手に代え、右SHに前澤選手を入れてきました。

 グルージャはCBが畑本選手から久保選手に代わったのみで、他は全て前節と同じスタメン。

 

試合内容

 試合開始。4分、右サイドで畑選手から青木選手、太田一選手と密集を作り細かく繋いでペナ内に入りましたが、福田選手がクリア。

 17分、右サイドからグルージャの攻撃。山田選手が縦に入れて梅内選手がワンタッチで返し、山田選手がシュートするも相手DFがブロック。こぼれを左サイドで拾った菅本選手がシュートするも大きく枠の上へ。

 19分、右サイドから白石選手のCK。藤沼選手がニアで合わせてゴール前中央に落としましたが味方選手に合わず徳武選手がクリア。こぼれ球に対し、ペナ外中央から菅本選手がシュートを打ちましたが枠には飛ばず。

 25分、アスルクラロ陣内左サイドからの白石選手のFKを、GK牲川選手がパンチでクリア。こぼれ球を拾った山田選手が右に開いた田中舜選手にパス。田中選手がワンタッチでペナ内に放り込むと、そのこぼれを菅本選手がボレーシュート。しかし枠には飛ばず。

 27分、菅本選手が右サイドから良いクロスを上げますが、ペナ内の白石選手は触れず。

 29分、河津選手から中央に入ってきた菅本選手に縦パス。菅本選手は梅内選手にショートの縦パスで渡すと梅内選手はワンタッチでDF裏に落とし、藤沼選手がGKと1対1の場面でしたがGK牲川選手がキャッチ。

 43分、グルージャ陣内右サイドでの砂森選手のFKは土井選手がパンチでクリア。こぼれからクロスを入れるとファーの青木選手が頭で落とし、坂本選手がシュートを試みたボールは畑選手に当たって畑選手がシュート。ボールはポストに跳ね返りますが、詰めていた青木選手が押し込んでゴール。0-1。

 

 前半は0-1で終了。グルージャは無理に繋がず、ロングボールでアスルクラロのプレスを押し返し、プレスが弱まったらショートパスで攻める作戦を採用。試合開始から10分過ぎ位まではアスルクラロペースでしたが、それ以降はグルージャのペースだっただけに、前半終了間際の失点は残念。

 

 後半開始。52分、右サイドで菅本選手、山田選手と繋ぎ、太田賢選手がクロス。ファーで白石選手が左足ボレーシュートしましたが大きく枠を外れました。

 55分、左サイドから砂森選手がペナ内DF裏に落とすと、太田一選手が飛び込みクロスを折り返し。しかし福田選手がブロック。

 56分、砂森選手が左サイドからクロスを入れ、畑選手がニアでヘディングシュートするも枠を捉えず。

 58分、グルージャの選手交代。河津選手に代わって嫁阪選手。嫁阪選手はグルージャ公式戦初出場。

 60分、青木選手が右サイドをドリブルで上がり、普光院選手とのワンツーからシュート。しかし強いボールが打てず土井選手が正面でキャッチ。

 62分、太田一選手がペナ内でのドリブルから右サイドの熱川選手に繋ぎ、熱川選手がシュート。土井選手が何とかブロックし、こぼれ球を菅井選手がシュートしますがボールはクロスバーの上へ。

 63分、アスルクラロ陣内中央で拾った嫁阪選手が左サイドの菅本選手へパス。菅本選手はドリブルでペナ内に入りシュートするも枠を捉えず。

 66分、グルージャ陣内右サイドからのFK。砂森選手が直接狙いましたが、土井選手がジャンプしてセーブ。

 67分、右サイドの砂森選手のCKは一旦クリアされますが、こぼれを太田一選手が2回シュートするも、どちらもグルージャの選手にクリアされました。

 69分、グルージャ陣内左サイドのFK。熱川選手のキックは土井選手が直接キャッチ。

 70分、青木選手のミドルシュートは福田選手がブロック。

 72分、グルージャの選手交代。宮市選手、江頭選手の2枚替え。菊池監督は前節の反省からか、早めに3枚使い切りました。

 74分、富田選手の左サイドからのクロスのこぼれを拾った青木選手が、GK土井選手の位置を見てロビングシュートしますが、ボールが長くなりゴールの裏へ落ちました。

 76分、菅本選手のミドルシュートは枠の上へ。

 84分、グルージャ陣内ペナ前のFK。砂森選手が直接狙いますが、土井選手が正面でキャッチ。

 86分、左サイドの砂森選手からペナ内のDF裏へ落とすパス。太田一選手が反応し折り返して普光院選手がシュート。ゴールが決まったかに見えましたが、太田一選手のオフサイド判定。

 90+1分、自陣のクリアボールを拾った藤沼選手がドリブルで駆け上がり、相手陣内ペナ前で宮市選手にパス。宮市選手が左足を振りぬきましたが、牲川選手がキャッチ。

 90+4分、菅本選手の左サイドからのCKのこぼれにファーで嫁阪選手がシュートしましたが、牲川選手がキャッチ。

 試合終了。0-1でグルージャは2連敗。

 

選手の評価

 MOMは決勝点を決めたアスルクラロの青木選手。昨季の得点王、薗田選手がいない今季はチームの大黒柱。フィジカルの強さだけでなく、ボールがこぼれる場所に詰めて確実に決めきる力には感心しました。今季の青木選手はかなりの数のゴールを決めそうです。

 

 グルージャは前線の4人(途中出場の宮市選手含めると5人)は頑張っていたのですが、フィニッシュで決めきれませんでした。もう少し枠内シュート数を多くしなければならないでしょう、特に菅本選手…。でも積極的にシュートを打つ姿勢は良かったと思います。

 グルージャでの公式戦初出場となった嫁阪選手は後半途中からCHとしての出場でしたが、怪我の影響は無さそうでした。ロングボールが多く中盤を省略する展開の試合だったため、嫁阪選手の本領発揮とはいきませんでしたが、今後に期待出来るでしょう。

 

総評

 この試合、菊池監督はアスルクラロ用に対策を立ててきました。

 アスルクラロの狙いは

  •  フィジカルの強い前線の2人(青木選手、畑選手)にロングボールを当てて、SH、CHで密集を作りセカンドボールを拾って押し込んでいく
  • グルージャの後ろからの繋ぎには、序盤から強く圧力をかけてカウンターを狙う

ことだったと思います。

 それに対しグルージャは、「相手のプレスが強い間はショートパスを多用せずにDF裏を狙いつつ大きく蹴り返し、プレスが弱まってスペースが出来た時にショートパスで繋いでいく」サッカーを行いました。

 この作戦はかなり有効だったようで、いつものようにショートパスで繋がないグルージャに、前半はアスルクラロが戸惑っているようでした。前半終了間際にアスルクラロが得点をあげるまでは、グルージャペースだったと思います。

 しかし1回のチャンスをしっかり決めきるのがアスルクラロ。前半でのシュートらしいシュートはゴールが決まった1本だけだったと思いますが、ここぞというときの圧力は、さすが昨季優勝争いをしたチームだと感じました。

 グルージャアスルクラロの圧力に耐えながら、何度かチャンスを作っていましたが、結局アスルクラロからゴールは奪えませんでした。

 アウェイから勝ち点を持ち帰ることは出来ませんでしたが、その差は試合後の河津キャプテンのコメント通り、僅かなものだったと思います。同じ0-1の敗戦ですが、昨季のアウェイ戦の時ようなアスルクラロとの大きな差は感じられませんでした。

 

 ロングボールが多くどちらかと言えば地味な試合だったため、グルージャのふがいない敗戦と捉えた方もいたかもしれません。しかし私はこの試合を「選手、監督はやるべきことをやったが、僅かの実力や運の差で負けた」試合と捉えました。もちろん反省は必要ですが、一定の自信は持ってよい試合内容だったと思います。

 今季初勝利は次節のホーム開幕戦に持ち越しとなりましたが、この試合のようにやるべきことをやれば勝利は得られます。そう確信した試合でした。

 次節、21日のいわぎんスタジアムでのY.S.C.C.横浜戦に期待しましょう。