グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー 天皇杯1回戦 グルージャ盛岡 vs 流通経済大学

 やはり駄目だったか…。

 5月27日に行われた天皇杯1回戦でグルージャ流通経済大学にスコア1-2で敗れ、今季のグルージャ天皇杯は幕を閉じました。

 

公式結果

f:id:zenbuddhist:20180529053011j:plain

f:id:zenbuddhist:20180529035357j:plain

f:id:zenbuddhist:20180529053026j:plain

 

フォーメーション

  グルージャは今季初の3バック。最終ラインに稲森選手、田中憧選手、畑本選手を並べ、CHに山田選手、小谷選手、WBに白石選手と鈴木選手、OHに江頭選手と嫁阪選手、ワントップに高柳選手の3-4-2-1。

 

 流経大はワントップに岡崎選手ではなく高さのある高澤選手を据えた4-2-3-1。

 

試合内容

 試合開始。キックオフ後すぐに、空中戦で渋谷選手と畑本選手が交錯しグルージャ陣内で流経大のFK。小池選手が蹴ったボールはペナ内のアピアタウィア選手の頭にピタリと当たり、ヘディングシュートは枠内左に決まってあっけなくゴール。不可解だったのは、キッカーが長身のアピア選手の頭を狙うことが明白なこの場面で、アピア選手にグルージャの特定の選手がマークに付くことなくゾーン守備を選択したこと。この試合に対するグルージャ側の姿勢が疑われるシーンでした。0-1。

 5分、右サイド白石選手のクロスに高柳選手が頭を合わせますが、ボールは枠の上を通過。

 8分、右サイドからの白石選手のCKはGK魏選手がキャッチ。

 10分、小谷選手から裏へのロングパス。高柳選手が収めてアピア選手を振り切ってシュートするも枠を捉えず。

 14分、畑本選手のミドルシュートはゴール左に逸れました。

 19分、左サイドを突破してきた渋谷選手が一旦、小池選手に戻してから再びボールを受けるとペナ内の左隅からシュート。しかし畑本選手がブロック。

 28分、流経大陣内ペナ前からの嫁阪選手のFKは枠の上を通過。

 37分、グルージャ陣内右サイドからの小池選手のFKはファーのアピア選手を狙いましたが、中島選手がパンチでクリア。

 38分、左サイドからの小池選手のCKは稲森選手がヘディングでクリア。

 42分、中島選手の裏へのロングボールに反応した高柳選手。GKと1対1になりかけますが、アピア選手がクリア。

 45分、右サイド奥でボールをキープし粘った江頭選手がヒールパス。拾った白石選手がグラウンダークロスを入れると中央の嫁阪選手がフリーでシュートしゴール。ボールをスルーして相手DFをニアに引っ張った高柳選手の動きも光ったプレー。1-1。

  45+1分、左サイドからの小池選手のCKに中央でアピア選手が頭を合わせましたが、ゴール咆哮には飛ばず。

 45+2分、右サイドからのクロスに高澤選手が頭で合わせましたがGK中島選手が正面でキャッチ。

 前半は1-1で終了。グルージャとしては開始2分の相手FKでゾーン守備を選択したことが悔やまれます。

 

 後半開始。50分、セットプレーを跳ね返した流れから、左サイドの小池選手がクロス。ファーの渋谷選手が収めてシュートするも田中憧選手がスライディングでブロック。

 52分、左サイドからのクロスに追いついた白石選手がダイレクトで折り返し高柳選手がヘディングシュート。枠内左を捉えていましたが、GK魏選手がぎりぎりキャッチ。

 60分、小池選手のミドルシュートは中島選手がキャッチ。

 61分、小池選手の縦パスをペナ前で受けた高澤選手がトラップから左足シュート。枠を捉えていましたが中島選手が右手でぎりぎりクリア。

 62分、左サイドの小池選手が自陣から裏へのロングパス。高澤選手が素晴らしいトラップからシュートするも稲森選手がブロック。

 63分、新垣選手が右サイドのドリブル突破からシュートするも、ボールは味方選手に当たってラインを割りました。

 72分、右サイドからのグルージャのCKはショートコーナー。山田選手がペナ内に入れたボールに稲森選手が頭を合わせましたが、勢いのあるシュートとはならず魏選手がキャッチ。

 73分、右サイドの白石選手のクロスは魏選手がキャッチ。

 74分、右サイドの新垣選手から小野寺選手選手、高澤選手と繋いで最後は渋谷選手がフェイントでかわして左足シュート。ボールはブロックにいった白石選手の足に当たりコースが変わってゴール左隅に吸い込まれました。1-2。

 74分、グルージャは高柳選手、江頭選手に代わり、宮市選手、谷口海選手。

 75分、左サイドの鈴木選手から裏へのロングボール。宮市選手がペナ内左で追い付きGKと1対1からシュート。しかしボールは僅かに枠外右に逸れました。

 81分、右サイドに流れた嫁阪選手から中央の山田選手にパス。山田選手はフリーでシュートを打ちますがボールは枠外へ。

 82分、グルージャは嫁阪選手から菅本選手へ交代。

 90+1分、左サイドの鈴木選手からのクロスのこぼれに対して谷口海選手がオーバヘッドでシュートを試みましたが枠には飛ばず。

 90+3分、右サイドの畑本選手からのクロスに宮市選手が頭を合わせましたが、相手DFが頭でクリア。

 90+4分、白石選手の右サイドからのCKにファーで田中憧選手がヘディングシュートしますが枠に飛ばず。

 90+7分、左サイドでの宮市選手のロングスロー。ペナ前中央の畑本選手が頭で擦らせてファーの鈴木選手がボレーシュート。しかしボールは枠を捉えず。

 試合終了。1-2で流通経済大学が2回戦進出。

 

選手の評価

 MOMは先制点をアシストし、正確な左足と視野の広さで常に攻撃の起点となっていた小池裕太選手。噂通りの凄玉ぶりを見せてくれました。怪我さえなければ、プロでの活躍を目にする日も近いでしょう。

 中盤を広く駆け回りグルージャのチャンスの芽を潰し、ボールを奪取し続けた小野原選手も素晴らしい働きでした。

 もちろん得点をあげたアピアタウィア選手、渋谷選手も素晴らしかったと思います。

 

総評

 この試合をリーグ戦浮上のきっかけとしたかったグルージャでしたが、相変わらずのしょっぱい試合内容で敗退。

 この試合結果は決してメディアで言われているような『ジャイアントキリング』では無いのですが(流通経済大学のほうがグルージャより明らかに格上。流通経済大学がプロ予備軍のアマであるのに対し、グルージャは実質的な『プロ』クラブではない『なんちゃってJクラブ』。)、それにしても不甲斐ない試合内容でした。

 

 流経大に何人も技量でグルージャに勝る選手いるのは仕方がないとしても、運動量、球際、切り替えでグルージャが差をつけられるのは、私は納得出来ませんでした。当然、『今季初めての3バック』、『怪我人』などは全く言い訳になりません。

 最も悲しかったのは、『グルージャは本当にこの試合を勝つ気で臨んできたのか?』という疑念が出てしまったこと。

 

 開始2分で先制された流経大のFKのシーン。現在の大学サッカーで最高のキッカーである小池選手が身長190cmのアピアタウィア選手の頭を狙うことが分りきっていたにも関わらず、特定のマークはつけずソーンディフェンスを選択。案の定、完璧なキックにグルージャの選手は動けず、あっさりアピア選手のヘディングを許して失点。

 私は『勝つ気あんのか!』とテレビの前で叫んでいました。

 スカウティングしていないことはあり得ないので、うっかりミスなのでしょうか。それほど監督・コーチ・選手たちは平常心を保てていないのでしょうか。菊池監督だけでなく、普段のセットプレー練習を仕切る新沼コーチや中島選手、稲森選手あたりの弁明も聞いてみたいものだと思います。

 グルージャの現場の危機的状況を象徴するシーンだったと思います。

 

 この試合をリーグ4連敗の泥沼から抜け出すきっかけにすることは出来ず、グルージャ天皇杯はあっさりと終わってしまいました。終わった試合をやり直すことは出来ませんし、すぐに次のリーグ戦がやってきます。

 ここからどう立て直していくのか。グルージャが勝利を求め続け、前に進み続ける限り、その姿をこれからも追っていきたいと思います。