グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー J3リーグ第12節 福島ユナイテッドFC vs グルージャ盛岡

 祝、グルージャ最下位脱出。そして祝、今季初のクリーンシートと今季初のアウェイでの勝ち点ゲット。

 J3第12節福島ユナイテッドFC戦をスコアレスドローで終えたグルージャは勝ち点1を手にし、順位を一つ上げました。

 

公式結果

f:id:zenbuddhist:20180603145715j:plain

f:id:zenbuddhist:20180603143418j:plain

f:id:zenbuddhist:20180603145753j:plain

 

フォーメーション

 福島は前節から右SBを宇佐美選手に代え、2列目を右SH:鴨志田選手、トップ下:橋本選手、左SH:樋口選手に代えてきました。

 

 グルージャ天皇杯1回戦流通経済大学戦で試した3-4-2-1を、この試合でも採用。左CBは怪我で離脱した稲本選手に代わり福田選手。CHは小谷選手と河津選手のコンビ。左SHに菅本選手、1トップに宮市選手、2シャドウに谷口選手と谷村選手。

 

試合内容

 試合開始。4分、左サイドの輪笠選手がドリブルで中央に入ってからペナ前の武選手に縦パス。武選手はうまくターンしてシュートに持ち込みましたが、GK中島選手が正面でキャッチ。

 8分、樋口選手が自陣左サイドから裏へのロングパス。武選手が追い付けばGKと1対1でしたが、菅本選手が戻って何とかボールを奪いクリア。地味ですが菅本選手の好プレーでした。

 9分、左サイドの輪笠選手から裏を狙ったスルーパス。ハーフスペースでボールを収めた武選手がニアに走り込んできた鴨志田選手にクロスを当てますが、シュートは枠に飛ばず。

 12分、左サイドの輪笠選手からのクロスは田中憧選手がクリア。

 13分、左サイドの樋口選手からのクロスにファーで鴨志田選手が狙っていましたが、合わずにゴールラインを割りました。

 14分、バックパスを受けキックに入るGK堀田選手に猛然とスライディングをかける谷口選手。右サイドにこぼれたボールを回収した谷口選手はハーフスペースに走り込んできた白石選手にパス。白石選手はペナ内に入ってから速いクロスを入れると、走り込んできた宮市選手が触る前に堀田選手が手で触ってコースが変わり、宇佐美選手の体に当たってボールはゴール方向に転がります。あわやオウンゴールでしたが、宇佐美選手がライン上でクリアし何とか事なきを得ます。

 16分、自陣から前田選手がロングパスをグルージャ陣内へ送ると、GK中島選手がペナから出て大きくヘディングクリア。これを二ウド選手がボレーでロングシュートを狙いましたが大きく枠を外れました。

 21分、谷村選手が中央でのドリブル突破から、ペナ前で左から走り込んできた谷口選手にパス。うまく収められればチャンスでしたが、トラップが長くなりGK堀田選手がキャッチ。

 23分、グルージャの右サイドからのショートCK。小谷選手が受けてクロスを入れるとファーの河津選手が頭を合わせましたが、堀田選手が正面でキャッチ。

 24分、右サイドの鴨志田選手のクロスにファーで樋口選手が頭を合わせましたが、ボールはゴールの左に外れました。

 33分、グルージャ陣内でのFKの流れから、前田選手がミドルシュートするも枠を捉えず。

 39分、グルージャ陣内でのFKのこぼれを右サイドで拾った鴨志田選手が白石選手小を振り切ってクロス。中島選手がパンチでクリアしたボールをボレーで宇佐美選手がシュート性のパス。樋口選手が頭で触れればゴールの可能性がありましたが、触れずにボールはゴールの右を通過。

 42分、前田選手が自陣からのFKを早いリスタートで裏へロングパス。ペナ前で収めた武選手がドリブルで中央まで持って行ってシュート。しかしボールはゴール枠外左へ。

 前半は0-0で終了。ポゼッションは圧倒的に福島だが、決定機はそれほど許さず。最近のグルージャとしては切り替えが早く出来ています。

 

 後半開始。51分、ドリブルで左サイド奥まで持ち込んだ菅本選手から福田選手にパス。福田選手がクロスを入れますが、ファーで谷村選手が触る前に堀田選手がキャッチ。

 55分、福島陣内で前田選手からボールを奪った谷口選手がドリブルからシュートするも、堀田選手が正面でキャッチ。

 57分、右サイドからの橋本選手のFKにファーで二ウド選手が頭を合わせましたが、ボールは枠外へ。

 61分、グルージャは谷村選手に代えて藤沼選手を投入。

 66分、左サイドの菅本選手からペナ前中央の谷口選手にパス。谷口選手がターンしてシュートするも堀田選手が弾いてクリア。

 69分、グルージャは谷口選手に代えて梅内選手を投入。

 70分、福島は宇佐美選手に代え田村選手を入れたことにより、右SBが橋本選手、右SHが池田選手、トップ下が樋口選手、左SHが田村選手にポジション変更。

 71分、左サイドの田村選手のクロスにファーで池田選手が頭を合わせましたが、枠には飛ばず。

 75分、左サイドを田村選手がドリブルで上がり、スピードを生かし畑本選手を置きざりにしてペナ内左からシュート。しかしボールはゴール左の外側サイドネットに当たりました。

 76分、橋本選手のミドルシュートは枠を捉えず。

 77分、自陣中央から前田選手が裏を狙ったロングボールを入れると、菅本選手が直接、頭で畑本選手にパス。しかし狙っていた武選手に奪われ武選手がシュート。しかしボールは畑本選手の体に当たり枠の外へ。失点に繋がりかねない菅本選手の軽率なプレーでした。

 78分、左サイドをドリブルで突破した藤沼選手が中央に折り返しましたが、小谷選手には合わず。ボールは堀田選手がキャッチ。

 83分、グルージャは菅本選手に代わり鈴木選手を投入。

 85分、右サイドの池田選手がクロスを入れるとニアで受けた武選手がターンしてシュートするも、福田選手がブロック。

 86分、左サイドから田村選手がペナ内へドリブル。ついて行った白石選手がスライディングでクリアしたものの交錯して田村選手が転倒。PK判定は無し。しかしタイミングが僅かでもズレればファールを取られかねないぎりぎりのプレーでした。

 89分、右サイドでロングボールを収めた藤沼選手がペナ前中央でフリーの梅内選手にパス。絶好の得点機でしたが梅内選手は右足でミートさせることが出来ず、阪田選手がクリア。

 90+2分、輪笠選手のロングボールを右サイドで収めた池田選手がペナ外からシュートするも中島選手がキャッチ。

 90+3分、田中憧選手の自陣でのクリアボールを前線で収めた藤沼選手がペナ内まで持ち込んでシュート。しかし堀田選手がパンチでクリア。こぼれを拾った白石選手がペナ内右からシュート性のグラウンダークロス。しかしこれも堀田選手が弾きました。

 90+4分、田村選手のミドルシュートは枠を捉えず。

 試合終了。0-0。

 

選手の評価

 この試合のMOMは、チーム今季初及び自身のグルージャで初のクリーンシートを達成したグルージャのGK中島宏海選手。全体としては福島ユナイテッドの方がチャンスを多く見せましたが、安定したプレーぶりでこれまでの中島選手の成長を見せることが出来ました。今後もこの調子でプレーして欲しいものです。

 MOMはサポーターとしての温情で中島選手としましたが、本来であれば福島ユナイテッドの橋本選手がMOMでしょうか。橋本選手はピッチの至る所に顔を出して常に攻撃の起点となっておりました。CK、FKでの正確なキックも脅威でしたし、現在の福島ユナイテッドに無くてはならない選手の一人でしょう。

 

総評

 グルージャの最近の試合の中では、最もタイトな守備が出来た試合と言えるでしょう。運動量、球際、切り替えで相手に負けることなく、チームとしてプレスに行くところ、リトリートするところの意志疎通が出来ていたように見えました。

 今後もこの日の守備が出来れば、少なくとも大量失点は無くなるでしょう。

 もっとボールを持って攻撃したいと考える選手やサポーターがいるかもしれませんが、私は守備からのカウンターを重視したこの日のグルージャの闘い方の完成度を高めていって欲しいと思いました。

 今季はこのスタイルで闘って残り試合で勝ち点を積み上げていき、今後に期待を抱かせてくれるグルージャになって欲しいと思います。

 次節はギラヴァンツ北九州戦。期せずして最下位決定戦となりましたが、どのチームが相手でも格上しかいないのですから、敗けることを恐れず勝利を目指して我武者羅に向かっていくグルージャであって欲しいです。