グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチプレビュー J3リーグ第13節 グルージャ盛岡 vs ギラヴァンツ北九州

 本日はJ3第13節ギラヴァンツ北九州戦が、いわぎんスタジアムで行われます。

 前節で最下位を脱出したグルージャが、前節で最下位となったギラヴァンツをホームで迎え撃つ構図となりました。裏頂上決戦の結末や如何に。

 今日も時間が無かったので試合開始直前にあっさりとプレビュー。 

 

過去対戦成績

f:id:zenbuddhist:20180516062408j:plain

 

 初対決となった昨季はアウェイ・ホームともグルージャのボロ敗け。どちらの試合もかなりの実力差を感じさせられた試合でしたが、その差は果たして縮まっているのか、というのがこの試合の見所の一つ。

 

直近公式戦試合結果

グルージャ盛岡

f:id:zenbuddhist:20180603203302j:plain

 

 ようやく前節で連敗を止めることに成功。そして今季初のクリーンシートと今季初のアウェイ勝ち点ゲットのおまけ付き。リーグ戦では初めて3-4-2-1を採用し、カウンターを重視した割り切った戦い方に光明が見えた気がした前節の流れを、グルージャは継続出来るかどうか。 

 

ギラヴァンツ北九州

f:id:zenbuddhist:20180603203236j:plain

 

 ギラヴァンツグルージャに負けず劣らず最近の戦績は酷いもの。複数得点が無く大量失点が2試合続いていることも気になります。

 

予想フォーメーション

f:id:zenbuddhist:20180610130121j:plain

 

 (試合当日のメンバー発表後(11:00)にこの記事を書いています。悪しからず。)

 グルージャは前節から選手の変更は無く、前節同様の3-4-2-1の布陣。

 

 ギラヴァンツは前節と同じ3-5-2(3-3-2-2)ですが、前節から右WBを茂選手から安藤選手に変更。あとは同じ布陣。

 グルージャの相手としてダヴィ選手と戦うことになろうとは、数年前には想像も出来なかったことですね。やはりJ1での実績があるダヴィ選手の決定力・突破力には要注意でしょう。

 

試合予想

 今季ここまでのギラヴァンツの得点は6、失点は20。対してグルージャの得点は9、失点は20。両者負けず劣らずの酷い数字。グルージャに比べれば圧倒的に選手の質は高いギラヴァンツが何故このようなことになるのか。

 前節カターレ富山戦を見る限り、ギラヴァンツは内容的にはそれほど酷い試合をしている訳ではありませんでした。フィジカルの強さを生かしたクロスやセットプレーからの攻撃などで、ゴールしていておかしくないシーンがいくつもあったのですが、運にも恵まれず、攻めあぐむ間に相手のセットプレーとサイドからの早い攻撃で失点…、という感じ。

 

 グルージャ同様、セットプレーからの失点は非常に多くなっています(8点)。ギラヴァンツのGK、DFの選手層の質に問題があるとは思えませんが、何かが噛み合っていないないようです。そういえば前節でカターレ富山の差波優人選手(昨季までグルージャに在籍)がCKを直接、ギラヴァンツゴールに入れていましたが、そろそろグルージャもあれ位質の高いCKを見せて欲しいですね。

 

 グルージャは前節同様、ポゼッションはある程度諦め、奪いどころを決めてカウンター狙いで来るでしょう。相手も3バックなのでCBの横にボールを入れるのが基本路線。速いクロス、またはCBがサイドに出てきたところのハーフスペースにシャドウやCHが入っていく攻撃、でゴールを狙うと思われます。

 昨季の対戦時のように個々のデュエルで完敗するようでは、相手に流れを持っていかれてしまいます。前節福島戦のように泥臭くボールを追って欲しいと思います。

 

 この試合は期せずしてグルージャ16位、ギラヴァンツ17位(最下位)の最下位決定戦となりました。ギラヴァンツも最下位脱出を目指し、必死で向かってくることでしょう。

 グルージャには前節で見えた良い流れを継続させ、我武者羅に勝利を掴みに行く姿を見せて欲しいです。VAMOS、グルージャ