グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチプレビュー J3リーグ第19節 グルージャ盛岡 vs ガンバ大阪U-23

 本日22日はJリーグ第19節、ガンバ大阪U-23戦が北上総合運動公園陸上競技場で開催されます。今日の試合開催場所はいつものホーム、いわぎんスタジアムではなく年1回の北上総合運動公園陸上競技場です。お間違いなく。

 そういえば昨季の北上開催試合もガンバ大阪U-23が対戦相手でした。その際は0-2でグルージャが敗戦。また今季開幕戦はアウェイでのガンバ大阪U-23戦でしたが、この試合も2-3で敗戦。ガンバには溜まった借りを返さなければなりません。

 

過去対戦成績

f:id:zenbuddhist:20180718054626j:plain

 

 2016シーズン以降、グルージャはまだガンバ大阪U-23に勝利したことがありません。今季開幕戦は2-0から3点取られて負けてしまいました。今回こそ一矢報いる時です。

 

直近公式戦試合結果

グルージャ盛岡(13位 6勝2分9敗 勝ち点:20 得点:20 失点:29)

f:id:zenbuddhist:20180718054603j:plain

 

 予想通り、運動量が落ちる夏場に入ってから苦戦が続くグルージャ。加えてカウンター以外に強力な崩しを持っていないため、相手に先制されると苦しい試合になってしまいます。最近の3試合をグルージャはどう反省してどのような準備をしてくるのでしょうか。

 

ガンバ大阪U-23(7位 6勝5分5敗 勝ち点:23 得点:26 失点:23)

f:id:zenbuddhist:20180718060445j:plain

 

 ここまでの順位は7位とまずまずの位置につけるガンバU-23。前節は優勝争いの中にいる鹿児島ユナイテッド相手にスコアレスドロー

 運動量を求めるチームが多いJ3の中において、ボールを「持てる」ガンバU-23は夏場のハードコンディションにおいては、強さを発揮出来るのではないでしょうか。

 

予想フォーメーション

f:id:zenbuddhist:20180722132133j:plain

 

 (この記事は出場選手発表後の当日13:00以降に書いています。)

 グルージャは、元ガンバの嫁阪選手の先発は私も予想していたのですが、GK小泉選手、DF田中舜選手の先発までは予想していませんでした。また前節の試合中、怪我で退場した河津選手に代わるCHの先発は山田陸選手。

 因みに先月移籍してきたばかりの小泉選手はグルージャではもちろん初先発、それどころか2014シーズンにプロになってから公式戦の先発は初。小泉選手はプロになってから最大の試練を迎えました。

 ひょっとすると4バックの可能性もありますが、ここでは3バックで予想しました。

 

 ガンバは前節から右SBを松田選手から高選手に、CBを野田選手から松田選手に、CHを高選手から芝本選手に変更。オーバーエージ枠は先発の西野選手と鈴木椋選手、控えの井出選手。

 J1にも出場している井出選手、福田湧選手がベンチに控えているのがグルージャにとっては厄介。

 

試合予想

 3月のガンバU-23との対戦では、グルージャは前半にラッキーもあって2点取ったものの後半に大失速。サイドからクロスを入れられまくり、2-3の逆転負けを食らってしまいました。

 気温が高い(試合開始15:00の予想:31℃)今回の対戦では、前回以上にペース配分を良く考える必要があります。また先制点を奪われると相手のペースで試合をしなければならなくなるため、なんとしてもこちらが先制点を奪わなくてはなりません。

 スキルが高い選手がばかりのガンバU-23ですが、前回の対戦のように速い攻撃を続ければ攻略は十分に可能。藤沼選手、嫁阪選手にはアタッキングサードでドリブルをガンガン仕掛けて、左右に速く振った攻撃をして欲しいところです。

 前節のSC相模原のようにフィジカルの圧力で来るチームでは無いので、セットプレーの守備は前節に比べれば楽でしょう。但し、一美選手、高木選手をはじめ遠い位置からでも精度があるシュートを打ってくる選手が多いので、バイタルエリアでフリーで前を向かせない守備が求められます。

 

 勝って気持ちよくリーグ約1か月間の中断期間に入りたい試合。

 J3公式戦を北上運動公園陸上競技場で行うのは昨季に続いて2回目ですが、今回こそ勝利を収め北上市周辺の市民にグルージャの存在を強くアピールして欲しいと思います。VAMOS、グルージャ