グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチプレビュー J3リーグ第21節 ブラウブリッツ秋田 vs グルージャ盛岡

 本日はJ3第21節、ブラウブリッツ秋田戦が秋田ホームのあきぎんスタジアムで行われます。前節FC琉球に大敗を喫したグルージャが、今季の昇格に向けて勝ち以外許されないブラウブリッツに対し、どのように戦ってくれるのか楽しみです。

 

過去対戦成績

f:id:zenbuddhist:20180708071648j:plain

 

 近年ははっきりとブラウブリッツとの実力差を感じる内容の試合が続いていましたが、今季4月のホーム戦では劇的な鈴木達也選手のロスタイム逆転弾でグルージャの勝利。ブラウブリッツはあの時の屈辱を今日の試合にぶつけてくることでしょう。

 

直近公式戦試合結果

ブラウブリッツ秋田(8位 8勝3分8敗 勝ち点:27 得点:21 失点:16)

f:id:zenbuddhist:20180829041226j:plain

 

 7月に復帰した間瀬監督効果なのかブラウブリッツは2連勝中。フォーメーションを変えて臨んだ前節の藤枝MYFC戦での完勝は調子の良さをうかがわせます。ここから昇格圏内の2位以内に食い込めるか。

 

グルージャ盛岡(13位 7勝2分10敗 勝ち点:23 得点:24 失点:35)

f:id:zenbuddhist:20180829041240j:plain

 

 第15節からきれいに白星と黒星が交代で並んでいる最近のグルージャ。前節は琉球に大敗したものの内容は点差ほどには悪くなく、悲観すべき状況では無さそう。

 順番では今節は白星となるはずですが、今節の相手はブラウブリッツ。簡単にはいかないでしょう。

 

予想フォーメーション

f:id:zenbuddhist:20180902141941j:plain

 

 (この記事は当日のメンバー発表後に書いています。)

 ブラウブリッツは前節と全く同じ先発メンバーとフォーメーション。前節の藤枝戦から、フォーメーションをこれまでの3-4-2-1から4-3-3(4-1-2-3)に変更しており、これが功を奏したのか藤枝戦は4-0の大勝。藤枝MYFCと同じフォーメーションのグルージャにもこのフォーメーションでくるのでしょう。

 

 グルージャは河津選手、白石選手以外にも故障者が出ているようで苦しい状況。今節は前節から左WBを菅本選手から安楽選手に変更してきました。

 

試合予想

  ブラウブリッツは今季ここまでも攻撃的で無かった訳ではないのですが、今季の昇格に向け引き分けも許されない状況の中、前節からフォーメーションを変えると共にかなり攻撃に振り切ったプランで試合に臨んでいるようです。

 ブラウブリッツにとって前節の藤枝戦の大勝は大きな自信となっていることでしょう。藤枝と同じフォーメーションを取るグルージャに対しても、基本は両サイド裏への長いボールからのクロス攻撃。中央が空いてくれば縦パスを入れてくる。インテンシティ強めのサッカーは変わらず、藤田選手を中心に前山選手と古田選手がその周りで暴れる攻撃陣は本当に厄介です。

 今日のポイントはグルージャ両サイドの江頭選手と安楽選手がどこまで守備に貢献できるかが私的ポイントでしょうか。両者ともあまり守備が強いイメージは無いですが、序盤から猛攻を仕掛けてくるであろうブラウブリッツに対し、WBがどこまでボランチ、CBと連携しながらうまくサイドのスペースを埋めていけるかが鍵でしょう。

 我慢しながらスコア0-0か1-1位で終盤を迎えられれば、4月のホーム戦の時のような奇跡が起こるかもしれません。それくらい厳しい試合だという認識でいます。

 

 前節FC琉球戦のように現在のグルージャの素の力でやれるだけやって貰えれば、私としては満足。勝敗関係なく、何がしかの進歩、爪痕は見せて欲しいと思っています。昇格や降格が関係なくとも、熱く痺れる試合は見せられるはず。期待しております。

 VAMOS グルージャ