グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー J3リーグ第25節 グルージャ盛岡 vs 福島ユナイテッドFC

 9月30日に行われたJ3第25節、ホームでの福島ユナイテッド戦は2-2の痛み分けで終わり、グルージャの連勝は成りませんでした。

 

公式結果

f:id:zenbuddhist:20181001054817j:plain

f:id:zenbuddhist:20181007041039j:plain

f:id:zenbuddhist:20181001054826j:plain

 

フォーメーション

 グルージャは前節から左WBを鈴木選手から菅本選手に入れ替え、他は全て同じスタメン。また陳選手が今季初めてベンチに入りました。

 

 福島は前節から一人のスタメン入れ替え。CFを武選手にして前節CFだった田村選手を右SHに、右SHだった橋本選手を前節の前田選手の代わりにCHに起用してきました。

 

試合内容

 雨が降る滑りやすいピッチコンディションの中、試合開始。3分、左サイドからの菅本選手のCKはショートコーナー。ボールを受けた白石選手はファーにクロスを上げましたが、GK堀田選手がキャッチ。

 4分、中央の小谷選手からのロングボールを右サイドで輪笠選手と競り合いながらも収めた梅内選手が右サイド奥から速いクロス。ニアに宮市選手が飛び込んでヘディングシュートしましたが、ボールはゴール左に逸れました。

 5分、右サイドの久保選手が遠目からのクロス。ファーで谷口選手がヘディングシュートしますが、山なりのボールを堀田選手がキャッチ。

 7分、左サイドからのクロスを稲森選手が跳ね返したボールを、樋口選手がボレーでミドルシュート。しかしボールは枠を捉えず。

 10分、中盤でのボールの奪い合いから宮市選手が梅内選手に縦パス。梅内選手は遠目からループシュートを狙いましたが、ボールはクロスバーを越えました。

 11分、田村選手から右ハーフスペース裏へのスルーパス。稲森選手と競り合いながら追い付いた星選手がペナ内でシュート。ボールはニア枠内でしたが、小泉選手がファインセーブ。

 12分、樋口選手の右サイドからのCKは、ファーで岡田選手が頭で折り返しましたが、福田選手が右足でクリア。

 14分、左サイドの谷口選手から受けた小谷選手がワンタッチで裏へするパス。うまく抜け出た菅本選手がペナ内左から左足でシュートするも、二ウド選手が足を入れてブロック。

 14分、左サイドのショートコーナーから小谷選手がミドルシュートするも樋口選手に当たってコースが逸れゴールラインを割りました。

 14分、左サイドのショートコーナーから再び小谷選手がシュートするも、GK堀田選手がパンチでクリア。

 22分、左サイドからの樋口選手のCKは、ファーで岡田選手がヘディングシュートしましたが、小泉選手が正面でセーブ。

 23分、左サイドの橋本選手から右サイドの宇佐美選手へサイドチェンジのロングパス。宇佐美選手がグラウンダーの速いクロスを入れますが、福島の選手は誰も触れず。久保選手がクリア。

 29分、堀田選手からのロングフィードを武選手が頭でDF裏に落とすと、拾った星選手がドリブルからシュートするもゴール右に外れました。

 30分、小谷選手のミドルシュートは堀田選手がパンチでセーブ。

 30分、左サイドからのグルージャのCKはショートコーナー。受け直した菅本選手からのクロスのこぼれを梅内選手がシュートするもミートせず堀田選手がキャッチ。

 36分、右サイドの宇佐美選手のクロスにゴール前中央で二ウド選手が頭を合わせるも触れず。

 38分、左サイドの輪笠選手のクロスのこぼれを二ウド選手がシュートするも、菅本選手がブロック。

 44分、右サイドの久保選手のクロスにゴール前中央の梅内選手が頭を合わせますが、枠を捉えず。

 前半終了。良い入りのグルージャでしたが、前半の終盤はかなり福島に押されました。5試合連続で前半を無失点で終えられていることは良い傾向。

 

 後半開始。50分、右サイドの宇佐美選手からのロングパスを中央で星選手が右にはたいて武選手がシュート。しかし小泉選手がセーブ。

 52分、中央の江頭選手から左サイド裏にスルーパス。菅本選手が収めてクロスを入れると、ファーで谷口選手がヘディングシュート。ボールはきれいにゴールに収まりグルージャ先制。福島の前線からの執拗なプレスを掻い潜ってパスを繋げた胸のすくゴール。1-0。

f:id:zenbuddhist:20181008111439j:plain

 

  55分、右サイドの宇佐美選手がドリブルからクロスを入れると、ファーで武選手が右足を合わせてシュート。ボールはクロスバーに当たり跳ね返りましたが、ゴールは認められました。スローの映像で見るとゴールラインは超えていない感じで、グルージャにとってはアンラッキー。難しいジャッジではありました。宇佐美選手へのプレス、武選手へのマーク共に後手に回ったグルージャの守備は大いに反省すべき点(一番の原因はプレスに行き過ぎて左サイドのスペースを空けた稲森選手にあります)。福島追い付いて1-1。

f:id:zenbuddhist:20181008122009j:plain

 

 57分、右サイドの白石選手がドリブル突破から速いクロスを入れますが、堀田選手がパンチでクリア。

 59分、中央の江頭選手のパスがカットされ、樋口選手から武選手へスルーパス。武選手はトラップからすぐにミドルシュート。カーブを描いたボールが左サイドネットに突き刺さりゴール。江頭選手のミスからの失点でしたが、武選手のゴラッソでもありました。福島が逆転で1-2。

f:id:zenbuddhist:20181008125040j:plain

 

 60分、左サイドの星選手からのクロスは小泉選手がパンチでクリア。

 61分、グルージャの選手交代。梅内選手に代えて藤沼選手投入。藤沼選手がそのままシャドーへ。

 63分、右サイドの武選手がドリブル突破からグラウンダークロス。ニアで星選手が右足を振り切ってシュートしましたが枠を捉えず。

 73分、稲森選手から左サイド裏へのロングパス。追い付いた宮市選手がラインぎりぎりからクロス。飛び込んだ藤沼選手がヘディングシュートを突き刺しゴール。宮市選手はクロスを入れた後、看板に激突する走りで藤沼選手のゴールをアシスト。稲森選手も含めた3人の素晴らしいゴール。グルージャ追いついて2-2。

f:id:zenbuddhist:20181008130819j:plain

 

 77分、福島の選手交代。輪笠選手に代えて茂木選手投入。茂木選手がそのまま右SBへ。

 78分、福島の選手交代。田村選手に代えて池田選手投入。池田選手がそのまま右SBへ。

 80分、右サイドの橋本選手からDF裏へのパス。福田選手が武選手をブロックしつつ小泉選手のキャッチを促しましたが、武選手の足が伸びてキャッチできず。拾った星選手がシュートするも枠を捉えず。グルージャにとっては助かったシーン。結果論ですが福田選手がセーフティにクリアすべきボールでした。

 84分、福島の選手交代。武選手に代えて石堂選手投入。石堂選手がCHに入り、星本選手がトップ下、樋口選手がCFに上がるポジションチェンジ。

 90分、グルージャの選手交代。谷口選手に代えて今関選手投入。今関選手がそのままシャドーへ。

 90+1分、ロングボールを跳ね返したボールを拾った橋本選手が星選手にパス。星選手は樋口選手にパスしシュートを打つも小泉選手がブロック。こぼれを星選手が押し込みにきますがこれも小泉選手がブロック。

 90+3分、小谷選手がふわりとしたボールをペナ内に入れ福田選手が頭で落としましたが、今関選手がボールに触れる前に堀田選手がキャッチ。

 90+5分、グルージャのカウンター。小谷選手が自陣からドリブルで運んで右サイドの白石選手にパス。白石選手がペナ内からシュートするも枠を捉えず。

 試合終了。2-2のドロー。

 

選手の評価

 MOMは2得点の武選手。オフサイドラインに苦しんだものの2ゴールはさすがエースストライカー。2点目は意表を突く早いタイミングの素晴らしいミドルシュートでした。

 

 グルージャの攻撃陣は好調を維持。谷口選手、藤沼選手のゴールはどちらもクロスからのヘディングシュートでしたが、良いポジショニングからの良いシュートでした。

 また2点目の藤沼選手のゴールは宮市選手のクロスがアシストとなりましたが、クロスを入れた後、看板に激突するほどのボールへの執念を見せた宮市選手のプレーも印象に残るものでした。

 GK小泉選手の素晴らしいプレーにも触れなければなりません。この日はビッグセーブを連発するとともに、相手のプレスを剥がすパス回しでもチームを大いに助けました。後半アディショナルタイムでのビッグセーブはDAZNベストセーブの5位に選ばれております。

 

総評

 もったいなかったような、助かったような微妙な2-2のドローゲーム。失点はどちらもミスからで、しかも1失点目は誤審の可能性が高いのでやはり悔しいドローか…。

 

 攻撃面はシンプルに裏を狙って長いパスを使ったり、この日の1点目のようにショートパスを繋げたり、がチームとして意志統一されており非常に良い印象なのですが…。

 前半を無失点で抑えながら、後半にいくつかのプレーで守備にほころびが出てしまうのが本当にもったいない。この試合でも最終ラインは概ねうまく統率出来ており、相手のオフサイドを多数誘発させ、クロスも弾き返せていただけに尚更そう感じます。この辺りは経験を積んで精度を上げていくしかないのでしょう。

 

 前節のレビューでも書きましたが、グルージャは他チームに比べると劣ったリソースの中でよくやっています。選手たちの輝きが一般の県民に伝わっていないのが実にもどかしい。この日のいわスタは、雨天の影響もあり800人にも満たない観客数でしたが、もっと多くの人に今のグルージャを見て欲しいです。

 この試合で得た勝ち点1で、グルージャの順位は11位となりました。今季の残りは8試合。何とか一桁まで順位を上げてフィニッシュしてもらいたいです。