グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチプレビュー J3リーグ第26節 藤枝MYFC vs グルージャ盛岡

 前節の福島ユナイテッド戦では惜しくも勝利は逃したものの、調子自体は悪くないグルージャ

 今節はアウェイ戦。昨季のグルージャ所属選手を3名抱える宿敵、藤枝MYFCが相手です。

 

過去対戦成績

f:id:zenbuddhist:20180909184348j:plain

 

 2014シーズンのJ3発足以来、なぜか引き分けが無いこのカード。対戦成績はほぼ五分ですが、今季5月のホームでの敗戦、しかもかつての所属選手にハットトリックを決められた屈辱を忘れてはなりません。

 

直近公式戦試合結果

藤枝MYFC(15位 6勝4分13敗 勝ち点:22 得点:21 失点:36)

f:id:zenbuddhist:20181001055352j:plain

 前節でようやく連敗を5で止めた藤枝MYFC。グルージャにとっては5月のホーム戦でボコボコにされているだけに今の藤枝の低迷ぶりは信じられないものがあります。監督交代でスタイルを大幅に方向転換した影響と思われますが、得点が減っているのが気になるところ。

 前節のギラヴァンツ戦はロスタイムでの失点で勝利を逃しており、今節にかける想いは強いものがあるでしょう。

 

グルージャ盛岡(11位 8勝4分12敗 勝ち点:28 得点:31 失点:45)

f:id:zenbuddhist:20181001055408j:plain

 ここ2試合は攻撃陣が好調。特にリーグ再開後の6試合で5ゴールをマークしている谷口海斗選手には、今節も期待がかかります。

 J3再開後の6試合の失点数15のうち14が後半での失点であり、疲れの見えてくる後半でも如何にタイトな守備を継続させるかがグルージャ勝利の鍵となります。

 

予想フォーメーション

f:id:zenbuddhist:20181003014948j:plain

 

 藤枝は前節出場停止だった水野選手がシャドーに復帰し、それ以外は前節と同じスタメンで予想。

 前節は谷口堅三選手はベンチにも入りませんでしたが、出場可能なコンディションであれば、前回の対戦でグルージャハットトリックを決めている谷口堅三選手を使わない手はありませんが…。

 

 グルージャは前節と全く同じスタメンで予想。

 ここ2試合では「シヤドー先発梅内選手、後半途中から藤沼選手に交代」の策が当たっていますが、今回は果たして…。

 

試合予想

 藤枝MYFCは7月に大石監督が退任し、Jリーグでの監督経験が豊富な石崎監督が就任。しかし最近の藤枝の戦績を見ると、石崎監督のサッカーはまだフィットしていない様子。データ面(パス数、支配率が減少)でも試合をざっと見た印象でも、大石監督時代のパスを繋いでいくポゼッションサッカーは影をひそめ、どちらかというと堅守速攻のサッカーを指向しているようです。

 まだ輪郭がよく見えない『石崎監督の』藤枝MYFCのサッカーですが、前節の試合の印象ではプレスからの速攻、サイド攻撃が特徴的に見えました。

 3バックで守備時にWBが下がって5バックになるチーム同士の対戦なので、やはりWBの出来が試合結果に直結すると予想しています。お互いがサイドの裏、相手CBの脇にボールを積極的に入れてくると思われ、その対処をうまく出来るかがポイント。前節を見る限り、藤枝はグルージャ以上にそのスペースに穴がありそうでしたが…。

 

 この試合は3部リーグの下位同士の戦い。J3には降格制度も無いため、第三者的には盛り上がりには欠ける試合なのでしょうが、我々にとってはプライドを掛けた大一番。

  2014シーズン以降、J3下位で凌ぎを削ってきた相手であり、今季開幕前に主力選手、スタッフを取られている相手である藤枝MYFC。今季ホーム戦での屈辱のお返しをせずにシーズンを終えることはグルージャには許されません。

   藤枝から勝ち点3を持ち帰り、シーズン終盤のグルージャの反撃の狼煙として欲しいです。VAMOS、グルージャ