グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー J3リーグ第26節 藤枝MYFC vs グルージャ盛岡

 J3第26節、グルージャはアウェイでの藤枝MYFC戦を1-2の逆転負けで落とし、藤枝MYFC には今季のダブル(ホーム・アウェイでの2敗)を許してしまいました。

 

f:id:zenbuddhist:20181014165605j:plain

公式結果

f:id:zenbuddhist:20181008135418j:plain

f:id:zenbuddhist:20181008135836j:plain

f:id:zenbuddhist:20181008135431j:plain

 

フォーメーション

 藤枝は前節から2人の先発変更。シャドーを鮫島選手から水野選手に、左WBを光永選手から齊藤選手に代えてきました。他は前節と同じスタメン。

 

 グルージャは前節から1人の先発変更。CBの稲森選手を外して田中憧選手が復帰。CBの並びは左から福田選手、田中憧選手、久保選手。他は前節と同じスタメン。

 ベンチスタートではありますが河津選手と山田選手が復帰しております。

f:id:zenbuddhist:20181014162847j:plain

 

試合内容

 試合開始。6分、グルージャ陣内でのFKのこぼれを拾った秋山選手のミドルシュートは枠を捉えず。

 10分、右サイド川上選手のクロスにファーの齋藤選手が狙いますが、その前に白石選手がヘディングでバックパスし小泉選手がキャッチ。

 13分、右サイドのスローインからこぼれを拾った宮市選手が中央に向かってドリブル。ペナ前の谷口海選手にパスが渡ると谷口海選手は迷わず右足を振りぬき、ボールは杉本選手の手の先を抜けゴール枠内右に突き刺さりました。谷口海選手の今季10点目となるゴラッソでグルージャ先制。1-0。

 

f:id:zenbuddhist:20181014163001j:plain

f:id:zenbuddhist:20181014163232j:plain

 

f:id:zenbuddhist:20181008144027j:plain

 

 15分、右サイドでのボールの奪い合いから江頭選手が中央にボールを出すと、谷口選手が拾ってそのままドリブル。一旦後ろの小谷選手に返して小谷選手が縦パス。ペナ内中央の宮市選手がフリックして谷口海選手がシュートしましたが杉本選手がかろうじてブロック。こぼれを梅内選手が触りに行きましたが届かずラインを割りました。

 

f:id:zenbuddhist:20181014164124j:plain

f:id:zenbuddhist:20181014164238j:plain

f:id:zenbuddhist:20181014170431j:plain

 

 20分、江頭選手の裏へのロングパスに谷口選手と阿渡選手がチェイシング。谷口選手はシュートには持ち込めずGK杉本選手がキャッチ。

 21分、小谷選手のミドルシュートは枠を捉えず。

 22分、GKのこぼれ球を拾った左ハーフスペースの遠藤純選手から中欧の遠藤敬選手にパス。遠藤敬選手のシュートはミートせず小泉選手がキャッチ。

 24分、左ハーフスペースの谷口選手からスルーパスを貰った梅内選手が左足でシュートするもボールはゴール枠外左へ逸れました。

 26分、秋山選手から左サイド裏へのロングパス。拾った遠藤純選手が田中憧選手のマークを振り切ってペナ内左から左足でシュート。しかいGK小泉選手がブロックし田中憧選手がクリア。

 38分、水野選手からDF裏へのロングパス。収めた遠藤純選手が左ハーフスペースをドリブルで進んでシュート。しかしこれも小泉選手がブロック。こぼれを遠藤敬選手が触る前に小泉選手がキャッチ。

 34分、相手陣内でのパスカットから裏へ出たボールに反応した谷口選手がペナ内でシュートするも、GK杉本選手がブロックしキャッチ。

 37分、左ハーフスペースの江頭選手から縦のスルーパス。菅本選手に通ればチャンスでしたが、先に体を入れた川上選手がクリアしたボールが菅本選手に当たりラインを割りました。

 38分、左サイドの白石選手から中央の小谷選手へのパスがずれて藤枝のボールになると、左ハーフスペースの大竹選手が遠藤敬選手とのワンツー×2でペナ内まで進みシュート。ボールは小泉選手の右足横を抜けて枠内左に収まりました。藤枝の見事な崩しからのゴール。1-1。

f:id:zenbuddhist:20181008150623j:plain

 

 40分、藤枝の選手交代、遠藤敬選手に代わり谷口堅選手投入。谷口堅選手がそのままCFへ。

 

f:id:zenbuddhist:20181014170714j:plain

 

 45+2分、江頭選手のミドルシュートは遠藤純選手がブロック。

 前半は1-1で終了。序盤は良い入りだったグルージャですが前半の終盤は手詰まり感が出てきたのが気になるところ。

 

 後半開始。47分、右サイドの江頭選手から宮市選手を狙った速いクロスが入りましたが、淺田選手がクリア。

 48分、左サイドの小谷選手からのペナ内にふわりと落ちるボールを梅内選手と浅田選手が競り合って倒れますがファールは無し。

 49分、左サイドの大竹選手から中央の遠藤純選手にパス。胸トラップからシュートしましたが菅本選手がスライディングでブロック。

 

f:id:zenbuddhist:20181014172205j:plain

 

 59分、ペナ外中央の谷口堅選手から裏へのスルーパス。飛び込んだ大竹選手が触れば1点でしたが田中憧選手がクリア。こぼれを拾った齋藤選手がクロスを入れるも小谷選手がクリア。

 60分、グルージャの選手交代。梅内選手に代えて藤沼選手。藤沼選手がそのままシャドーへ。

 61分、中央の水野選手から右サイドから飛び込んできた川上選手へのスルーパス。川上選手は中央へ折り返しましたが谷口堅選手には繋がらず、福田選手がクリア。

 63分、左サイドのスローインから谷口海選手がワンタッチで菅本選手に繋ぐと、菅本選手がドリブルからペナ内でシュート。しかしボールはゴールサイドネットの外側に当たりました。

 

f:id:zenbuddhist:20181014171020j:plain

f:id:zenbuddhist:20181014171215j:plain

 

 64分、藤枝の選手交代。遠藤純選手に代えて大迫選手投入。大迫選手がそのままCFへ。

 66分、グル―ジャの選手交代。江頭選手に代えて山田選手投入。山田選手がそのままCHへ。

 69分、山田選手から裏を狙ったスルーパス。宮市選手が収められればチャンスでしたがGK杉本選手がキャッチ。

 70分、宮市選手が左ハーフスペースでのドリブルからシュートを打ちましたが枠を捉えず。

 71分、大迫選手が中央をドリブルで上がり大竹選手へスルーパス。大竹選手は右から上がってきた大迫選手にパスすると大迫選手がこれを直接シュート。ボールは左ゴールポストに当たりゴール内側へ跳ね返っていきました。大迫選手の見事なゴールで藤枝逆転。1-2。

f:id:zenbuddhist:20181008152554j:plain

 

 76分、グルージャの選手交代。久保選手に代えて河津選手投入。河津選手がそのまま左CBに。

 85分、中央で大迫選手の縦パスを貰った谷口堅選手がシュートするも、ボールはゴール枠外左を通過。

 

f:id:zenbuddhist:20181014171743j:plain

 

 89分、左サイドの齊藤選手からパスを受けた中央の水野選手がシュートするも、ボールは僅かにゴール左に逸れました。

 90分、ロングボールのクリアし損ねを拾った大迫選手がドリブルからシュート。しかし小泉選手が何とか手でセーブ。

 

選手の評価

 MOMは1ゴール、1アシストとどちらのゴールにも絡んだ大竹選手。ゴールとアシストも素晴らしいものでしたが、前からのプレスおいてもグルージャの最終ラインを苦しめました。

f:id:zenbuddhist:20181014163614j:plain

 

  大迫選手のゴールもシュートももちろんですが、ボールの受け方も素晴らしかったと思います。

 途中出場だった谷口堅三選手もボールを収める力と運動量は相変わらずで、敵にすると嫌な選手でした。元気そうでなによりです。

 

 谷口海選手のプロ初年度にして二桁得点は快挙と言えます。残念ながらこの日は10得点目のゴールが勝利に結びつきませんでしたが、残り試合であと最低3つぐらいはゴール数を伸ばしてほしいと思います。

 

総評

 序盤は谷口海選手のゴラッソで盛り上がったものの、試合が進むにつれ失速感が出てくるのはここ数試合変わらないグルージャの傾向。藤枝に2点目を取られてからは、グルージャの得点の可能性がある場面は殆ど見られず、試合終盤はグルージャサポーターにとってつらいものがありました。今回は藤枝との実力差はそれほど感じなかったので、もったいない試合でした。

 

f:id:zenbuddhist:20181014171503j:plain

 

 涼しい盛岡から30℃を超える藤枝に来たせいか、後半は足が止まり選手のコンディションは良く無さそうでしたが、敗因はそれだけではなさそう。

 局面の切り替え、「行く」ところか「抑える」ところかチームとしての意思統一が出来ていない印象があり、それが勝負弱さに繋がっているのではと感じました。チームを引っ張るリーダーがいないことがその遠因になっているとも言えるでしょう。

 

 まあ選手のスキルが急激には向上しませんし、今のメンバーで今季の最後までやっていくしかありませんので、切り替えて次戦に臨むしかないでしょう。

 次節のホームでのカターレ富山戦に期待しましょう。