グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチプレビュー J3リーグ第19節 グルージャ盛岡 vs ガンバ大阪U-23

 7月29日をもって、2016シーズン選手第2登録期間が終わりました。育成型期限付き移籍はまだ認められますが、グルージャは現戦力でリーグ戦残り12試合を戦うようです。

 J3他クラブの状況を見ると、今季でのJ2昇格を現実に見据えているクラブは、この期間に強力な補強を行っていますね。私が目に付いた選手としては、大分のキリノ選手(湘南)、八反田選手(清水)、栃木のロボ選手(ドクサ・カトコピア)、島川選手(山口)、長野の橋本選手(セレッソ)など…。各クラブの補強により、J3リーグのレベルが上がっていくことは良いことです。Jリーグの末端にいるグルージャとしては、後半戦も臆することなく、格上クラブにぶち当たっていくのみです。

 

 さて今節は、ホームいわスタでのガンバ大阪U-23戦です。前回の対戦(第2節)は、グルージャが完膚なきまでに叩きのめされた試合でした。

 ガンバU-23は5試合負けなしの3連勝中と絶好調。順位も6位につけております。対してグルージャは前節で連勝はストップしましたが、4試合負けなし且つ2試合連続無失点と、順位は12位ながら好調は維持しています。

 あの惨敗から4か月経ち、グルージャがどこまで前に進めたのか、確認するには絶好の機会となりました。

f:id:zenbuddhist:20160730070624j:plain

 ガンバU-23のスタメン予想は、J1のトップチームの状況に左右されるので、非常に難しい。前回対戦で活躍したオーバーエージ枠の二川選手は東京ヴェルディ期限付き移籍済み、藤本選手は怪我で離脱中。更にトップチームは藤春選手と井手口選手がオリンピック出場により離脱中と手薄な状態なので、前節同様、30日のJ1広島戦には、小椋選手、堂安選手、初瀬選手あたりはベンチ入りする可能性は高そうです(7/30 21:00時点情報:J3絡みの選手では、西野選手、初瀬選手、呉屋選手、内田選手(OA)がベンチ入り。内田選手のみ82'から途中出場。)。彼らが吹田スタジアムでプレーしない、若しくは短いプレー時間であれば、試合終了後、吹田から盛岡に直行し翌日のグルージャ戦に出場となるのでは無いでしょうか。但しその場合、試合直前に長距離移動する選手のコンディションは、厳しくなるでしょう。

 グルージャは前節、CHに石井選手を起用しましたが、今節は垣根選手と予想。ここ数試合、谷口選手のコンディションが厳しいようですが、CFを変えてくるかどうか…。

 前回の対戦では最初から球際に負け、開始早々に失点と、試合の入り方を完全に失敗してしまいました。今回は試合開始から強い気持ちで、3原則(運動量、球際、切り替え)を徹底して欲しいと思います。

 堂安選手、小川選手はペナ外からでも反則級の凄いシュートを打ってくるので、グルージャ陣内ではフリーで前を向かせないことが求められます。前回対戦でも痛い目に合っている、規格外ルーキー呉屋選手に要注意なのは、言うまでもありません。

 選手個人を見るとガンバには凄いスキルを持った選手が揃っていますが、チーム全体で見れば付け入る隙は必ずあります。グルージャらしいショートパス主体の縦に早い攻撃、激しいプレスを見せて、ぜひガンバU-23にリベンジを果たして欲しいです。

 

 明日は15:00キックオフですが、予想最高気温30℃と暑くなりそうで、今節も観客数には苦戦する予感。選手たちは素晴らしい試合を見せてくれる筈です。いわスタで観戦される方は熱中症には気を付けながら、盛り上げていきましょう。