グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

差波優人選手、期限付き移籍で新加入

 昨日、グルージャにとって嬉しいニュースが入ってきました。ベガルタ仙台の差波優人選手がグルージャ期限付き移籍で加入することが公式発表されました。

 正直言って「DFではなくMF獲るんですか?!」という想いも私にはあるのですが、レベルは間違いなく高く(J1クラブからの選手レンタルはグルージャ史上初)、しかも東北地方出身の選手がグルージャに加入してくれるのは非常に嬉しい話。期待を持ちながらいつも通り、差波選手のこれまでのサッカー人生の歩みを辿っていきます。

 

サッカー経歴

f:id:zenbuddhist:20170811084912j:plain

 

 差波優人選手は青森県八戸市出身、身長168cm、体重68kg、現在24歳のMFです。

 地元のスポーツ少年団でサッカーを始めた差波選手は学生サッカー界の名門、青森山田中学校に入学し、サッカーエリートとしての道を歩み始めました。高校はそのまま青森山田高校に入学。青森山田高校では2年生時から主力選手として活躍。3年生時の全国高等学校サッカー選手権大会では3回戦敗退だったものの、大会優秀選手に選出されました。

 尚、青森山田高校の1年先輩には柴崎岳選手(ヘタフェ)や櫛引政敏選手(ファジアーノ岡山)が、1年後輩には室屋成選手(FC東京)がいます。

 高校を卒業した差波選手はJ2クラブからの誘いを断り、明治大学に入学しサッカーを続けました。明治大学では同期に山越康平選手(大宮アルディージャ)、和泉竜司選手(名古屋グランパス)、藤本佳希選手(ファジアーノ岡山)、高橋諒選手(名古屋グランパス)、瀬川祐輔選手(大宮アルディージャ)、鈴木達也選手(グルージャ盛岡)、2年先輩に小川大貴選手(ジュビロ磐田)、矢田旭選手(名古屋グランパス)、梅内和磨選手(グルージャ盛岡)、1年先輩に三浦龍輝選手(ジュビロ磐田)、1年後輩に室屋成選手(FC東京)、小出悠太選手(ヴァンフォーレ甲府)など錚々たるメンバーに囲まれてプレーしました。

 大学での主要タイトルには恵まれませんでしたが(アミノバイタル杯は2013年、2015年優勝)、2014年関東大学1部のベストイレブンに選ばれるなど明治大学の主力選手として活躍し、2015年ユニバーシアード日本代表(バックアップメンバー)にも選出されております。

 2016年に明治大学を卒業するとベガルタ仙台に加入し、差波選手はプロ選手生活をスタート。しかしプロ1年目では公式戦出場機会は訪れず、プロ2年目の今季はルヴァンカップの3試合出場のみ。プロの高い壁に直面していたところで、今回のグルージャへの期限付き移籍に至りました。

 

プレースタイル

 差波選手は中学までは攻撃的ポジションの選手だったようですが、高校時代からCH、ボランチを中心にプレーしてきたようです。私は全く差波選手のプレーを見たことが無いのですが、これまでの差波選手に関する記事や選手名鑑などを見ると「右利きながら左足も器用に使い中盤でパスを散らし攻撃の起点となる、運動量も豊富なボランチといった評価の選手のようです。

 今季ここまでのグルージャのCHは、林選手以外パッとしないプレーぶりのため、差波選手はすぐにCHでスタメン入りするのではと私は予想します。プレーを観ていないのであくまで私の妄想ですが、林・差波コンビのCHはかなりの攻撃力アップに繋がるような気がします。その一方、2人はプレースタイルが被るので特に守備面でどうなのかな、という不安もあります。

 

 グルージャには明治大学出身者が3人(岩渕選手、梅内選手、鈴木選手)もいますし同世代の選手も多いので、差波選手がチームに溶け込むのは早いと思われます。

 現在の差波選手のコンディションは全く分かりませんが、早ければ8月20日のガンバ大阪U-23戦で差波選手のプレーが見られるかもしれません。北上での初のJ3公式戦開催というだけでなく、益々ガンバ大阪U-23戦から目が離せなくなってきました。

 

 差波選手、グルージャへようこそ。グルージャはあらゆる面でベガルタ仙台には遠く及ばないクラブではありますが、一緒にグルージャを成長させていきましょう。差波選手の活躍でグルージャを一つでも上の順位に上げ、ベガルタに錦を飾れることを願っています。