グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチレビュー J3リーグ第22節 グルージャ盛岡 vs ガイナーレ鳥取

 今回も非常にもったいない試合でした。

 9月9日にホームいわスタで行われたJ3第22節ガイナーレ鳥取戦は、両者の激しい打ち合いの末、3-3の引き分けに終わりました。

 

公式結果

f:id:zenbuddhist:20180909173643j:plain

f:id:zenbuddhist:20180909173656j:plain

f:id:zenbuddhist:20180909173716j:plain

 

フォーメーション

 グルージャは前節から3人の入れ替え。左WBを鈴木選手、右WBを久保選手として前節は右WBだった江頭選手がCHに。更に3バックの左を稲森選手にして右に福田選手を持ってきました。

 

 ガイナーレは前節と全く同じ先発メンバー。

 

試合内容

 強い雨脚の中、試合開始。4分、谷口選手のミドルシュートはゴール左に逸れました。

 5分、右サイドからの江頭選手のCKはショートコーナー。再び受けた江頭選手のファーへのクロスはGK井上選手がパンチでクリア。

 8分、左サイドのフェルナンジーニョ選手のクロスをペナ内のレオナルド選手が落として後ろから走り込んだ星野選手がシュート。しかし稲森選手がブロック。

 9分、右サイドのスローインを受けた加藤選手が稲森選手と競ってクロスを入れるもボールに力がなくGK小泉選手がキャッチ。

 12分、左サイドのフェルナンジーニョ選手からペナ内裏へのスルーパス。魚里選手が反応しましたが田中憧選手がスライディングでクリア。

 13分、左サイドの鈴木選手のクロスのこぼれをペナ外中央で拾った久保選手が左サイドの谷口選手にパス。谷口選手がボレーシュートを試みるもミートせず。

 14分、加藤選手がペナ内右をドリブル突破してクロスを上げるもグルージャの選手に当たりラインを割りました。

 20分、中央の江頭選手からロビングのお明日。ペナ内右で久保選手が頭で落とし、何選手かが触ったこぼれを鈴木選手がシュート。しかしボールは小林選手に当たって逸れラインを割りました。

 20分、左サイドからの江頭選手のCKはGK井上選手がパンチでクリア。

 21分、右サイドからの江頭選手のCKにニアの久保選手が頭を合わせましたが、ボールはクロスバーの上を越えていきました。

 22分、左サイドの鈴木選手からのクロスのこぼれを拾った藤沼選手が、後ろの江頭選手にパス。江頭選手がダイレクトにシュートを打ちましたがゴール左に逸れ、左にいた谷口選手も触れず、ボールはラインを割りました。

 25分、左サイドの可児選手からのクロスは味方選手に合わず、GK小泉選手がキャッチ。

 27分、フェルナンジーニョ選手の裏へのスルーパスにレオナルド選手が反応しましたが、ペナ内で収める前に田中憧選手がクリア。

 29分、右ハーフスペ―スを加藤選手がドリブルで上がって中央のレオナルド選手へパス。ペナ内で左足を振り切るも福田選手がブロック。こぼれを拾った流れから再びレオナルド選手がシュートしますが、ボールはゴール右に逸れました。

 31分、左サイドで小谷選手とのワンツーからクロスを鈴木選手が入れると、ファーで藤沼選手が頭で落とし久保選手が左足でシュート。しかしボールはゴール右に逸れました。

 34分、左サイドからのフェルナンジーニョ選手のCKはGK小泉選手がパンチでクリア。

 40分、甲斐選手からのロングボールを収めた左サイドの魚里選手がフェルナンジーニョ選手とのワンツーからクロス。ファーに小林選手が飛び込みましたがボールには合わず。

 44分、右サイドの加藤選手からDF裏へロングパス。ペナ内で収めたレオナルド選手がシュートするも、田中憧選手がスライディングでブロック。拾ったフェルナンジーニョ選手が中に入れますが稲森選手がクリア。

 45分、左サイドのフェルナンジーニョ選手のクロスをファーで受けた可児選手がシュート性のクロスを入れるも鈴木選手に当たりラインを割りました。

 45+1分、自陣からの田中憧選手のFKのこぼれを江頭選手が拾ってクロス。ペナ内中央の藤沼選手が頭を合わせましたがGK井上選手が正面でキャッチ。

 前半終了。グルージャが良い入りだったものの25分過ぎからはガイナーレペース。グルージャも良い形は作れており、どちらにもチャンスがある展開。この日のCKは全て江頭選手が蹴っていますが、殆ど質の高いキックが蹴れているグルージャには好材料

 

 後半開始。50分、小林選手が加藤選手とのワンツーからペナ内に侵入。鈴木選手のクリアが小林選手に当たってゴール前に跳ね返りレオナルド選手のチャンスになりかけますが、レオナルド選手が福田選手を倒してファール判定。

 54分、遂に試合が動きました。田中憧選手のロングパスを右サイドで久保選手が収めて福田選手へパス。福田選手がドリブルで運び宮市選手へパス。更に谷口選手に繋がるとドリブルから迷わず右足一閃ミドルシュート。シュートは枠内の左を狙ったものでしたが星野選手の背中に当たって向きが変わり枠内の右に落ちました。GK井上選手は全く動けず。ラッキーでしたがゴールへの積極的姿勢が生んだグルージャの先制点で1-0。

 56分、右サイドのスローインを受けた中央の加藤選手が右サイドに開いたフェルナンジーニョせにゅにパス。フェルナンジーニョ選手がクロスを入れファーでレオナルド選手が足を合わせましたがボールは僅かにゴールポストの右に逸れました。

 60分、江頭選手からの縦パスをペナ外中央で受けた谷口選手が振り向きざまシュート。ボールはゴール左ポストを叩いて跳ね返り、宮市選手がこぼれを直接シュートしましたが枠には飛ばず。

 66分、右サイドの小林選手のクロスは鈴木選手に当たりニアに転がり、稲森選手が左足でのクリアを試みますがミートせず再度右足でクリアするも空振り。拾った可児選手が左足でシュート。ボールはきれいに曲線を描き枠内左に吸い込まれました。稲森選手の悔やまれるミスからの失点。1-1。

 67分、右サイドの藤沼選手がドリブルからクロス。こぼれを拾った鈴木選手がドリブルからペナ外中央でシュート。ボールは小林選手の股下を抜け地面を滑ってGK井上選手の手をすり抜け、枠内左に収まりました。素晴らしいシュート。2-1でグルージャ勝ち越し。

 68分、左サイドの魚里選手のクロスのこぼれを拾ったフェルナンジーニョ選手がシュートするも田中憧選手がブロック。

 72分、右サイドの宮市選手のヒールパスを受けた小谷選手が絶妙な切り替えしで相手選手を外して再び右ハーフスペースの宮市選手にパス。宮市選手のクロスをペナ内中央で谷口選手が右足ボレーシュート。枠内右に決まってゴール。これまた素晴らしいシュート。3-1。

f:id:zenbuddhist:20180924155845j:plain

 

 76分、小林選手のロングパスのこぼれを右サイドで拾った加藤選手がペナ内右のフェルナンジーニョ選手へパス。フェルナンジーニョ選手のグラウンダークロスにレオナルド選手が飛び込み、一旦GK小泉選手が弾いたものの加藤選手に押し込まれてゴール。ゴール前にはグルージャのCB3人がいたものの、レオナルド選手と加藤選手にうまく掻き回されてしまいました。あの資金距離から小泉選手にキャッチを求めるのは酷か…。3-2。

  79分、ガイナーレ一人目の選手交代。小林選手に変えて上松選手投入。上松選手がそのまま右WBへ。

 79分、右サイドの江頭選手からの低いクロスのこぼれを宮市選手が収めて後ろに落として久保選手が右足でのシュート。しかしGK井上選手が正面でキャッチ。

 80分。可児選手が左サイドのフェルナンジーニョ選手へパス。フェルナンジーニョ選手はペナ内中央のレオナルド選手にパス。レオナルド選手がドリブルで左に開いてからクロス。加藤選手がスライディングで押し込んでゴール。福田選手がフェルナンジーニョ選手にプレスに行った時点で、ペナ内のレオナルド選手へのケアが遅れ2人(田中憧選手、江頭選手)で囲みに行くもクロスを許し、中央の稲森選手も加藤選手の抜け出しを許すという後手後手ガバガバの守備。足元が悪く相手選手のプレー精度も高かったとはいえ、大いに反省して欲しいシーンでした。試合は3-3の振り出しに。

f:id:zenbuddhist:20180924195955j:plain

 

 81分、藤沼選手のドリブルから谷口選手へのスルーパス。GKと1対1になりかけましたが、収めきれずにGK井上選手がキャッチ。

 82分、グルージャ一人目の交代。藤沼選手に代えて今関選手投入。今関選手がそのままシャドウへ。

 83分、稲森選手の縦パスを収めた谷口選手が左サイドの鈴木選手へヒールパス。鈴木選手のクロスにペナ内の今関選手が合わせるもミートせず、井上選手がキャッチ。

 85分、グルージャ2人目の交代。谷口選手に変えて高柳選手投入。高柳選手が1トップに入りシャドウが宮市選手と今関選手に。

 85分、右サイドのFKでの素早いリスタートからフェルナンジーニョ選手がクロス。何とか田中憧選手がクリア。

 87分、グルージャ3人目の交代。鈴木選手に代わり嫁阪選手投入。嫁阪選手がそのまま左WBに。

 88分、フェルナンジーニョ選手が左サイドでのドリブルからの豪快なシュート。小泉選手が正面でクリア。

 90分、左サイドからの江頭選手のCKに、ニアで稲森選手が頭を合わせに行きましたがレオナルド選手がクリア。

 90+1分、右サイドからの江頭選手のCKに、ニアで稲森選手が頭を擦らせてファーの福田選手がボレーシュートを狙いましたがミートせず相手がクリア。

 90+1分、左サイドで可児選手からボールを受けた魚里選手がクロス。ファーで甲斐選手がヘディングシュートしますがボールはゴール右に逸れました。

 90+2分、フェルナンジーニョ選手からペナ外中央で受けたレオナルド選手がシュート。福田選手に当たってこぼれたボールを小泉選手がキャッチ。

 90+3分、左サイドからのフェルナンジーニョ選手からのクロスは稲森選手がヘディングでクリア。こぼれを拾った流れで右サイドの上松選手からクロス。こぼれをペナ内右で加藤選手がシュートするも稲森選手がブロックしてラインを割りました。

 試合終了。3-3のドロー。

 

選手の評価

 MOMはこの試合2得点の谷口選手。この試合、とにかくシュートを打つ積極的な姿勢が光っていました。尚、グルージャの3点目となったゴールはDAZNのベストゴール4位に選ばれています。

 まずは二桁得点を目指し、この好調をシーズン最後まで維持して欲しいです。

 

 グルージャの2点目の鈴木選手のゴールもDAZNベストゴール2位に選ばれる素晴らしいものでした。シュートやクロスの精度も上がり、徐々に「左サイドの鈴木選手」も板について来た感じ。左足でのプレーの幅を広げて更に成長していって欲しいです。

 

 小谷選手も相変わらずチームの核となる素晴らしい出来。3点目の谷口選手のゴールに繋がった相手のプレスを外した宮市選手とのパス交換は、地味ですが唸らせるプレーでした。

 

 ガイナーレの前3人(レオナルド選手、フェルナンジーニョ選手、加藤選手)のクオリティは、さすがと言うべきもの。特に37歳にして90分間、質を落とさずチャンスを作り続けたフェルナンジーニョ選手はMOM級の活躍であったことは強調しておきたいです。

 

総評

 ラッキーな先制点に加え、ゴラッソな2点目、3点目。普通のチームなら勝ち点3は難なくゲット出来るはずなのですが、これでも勝ちきれないのが今のグルージャ

 ここ3試合、似たような展開で勝ち点を落としているのは非常に気になります。プレーモデルを選手の運動量に依存する今のグルージャにとっては、試合終盤にスペースが空いてくることは避けられません。勝ち越した時点でのチーム全体でのギアチェンジや、選手交代・フォーメーション変更による守備的カンフル剤が必要だったと思いますが、それを実行するのはグルージャにとってはハードルが高いようです。

 

2点リードの時点で盛岡側とすればオープンな展開には持ち込ませたくなかったと思うが、結果的には両チームの3トップが自由に動いて共にシュートシーンをつくり、そんな中でも追いつかれたがオープンな展開を作らせない為の策やピッチ内の共有は何かあったか?

(菊池監督):今日も少し後ろのラインが下がってしまい、中盤を押し上げるという作業、どうしても長いボールが怖くなってしまって下げるのが早かったりとか、それが足元に入る要因だったりということがあったと思うのでそこは共有したいと思います。

(試合後の質疑応答より)

 

 選手層が薄いグルージャ、しかもピッチコンディションの悪い中、監督が動きずらい試合だったのは分りますが、失敗しても何らかの策は見せて欲しかったところです。

 ここにきて守備陣の不調は非常に気になります。畑本選手が怪我のようなので、選手を代えるにしてもGKを小泉選手から中島選手に戻すかどうか位か…。

 さすがに40失点はやり過ぎです。もう少し落ち着いたグルージャのディフェンシブ3rdが見たいので、選手たちは前向きに反省して次へ向かって欲しいです。

 

 攻撃面では明るい材料が盛りだくさん。谷口選手の絶好調ぶりが光りますし、小谷選手も中盤で大車輪の活躍、鈴木選手の成長も感じられました。江頭選手のCKも得点の匂いを感じさせます。明るい材料があるだけに、この試合で勝てなかったことが本当に悔やまれます。

 次節こそホームいわスタでの勝利を見せて欲しいと思います。。