グルージャ戦記

Jリーグのフットボールクラブであるグルージャ盛岡について妄想を垂れ流すブログ(非公式)

マッチプレビュー J3リーグ第16節 ギラヴァンツ北九州 vs グルージャ盛岡

 前節の鹿児島ユナイテッド戦を微妙な内容のスコアレスドローで終えたグルージャ福島ユナイテッド戦での大勝の勢いは収まってしまったようですが、強豪鹿児島に対して失点ゼロだったことをポジティブに捉え、本日グルージャはアウェイのミクニワールドスタジアムギラヴァンツ北九州戦に臨みます。

 

ギラヴァンツ北九州との対戦成績

 ギラヴァンツ北九州グルージャは初対戦?でいいんですよね。記録は見つかりませんでした。

 

直近公式戦5試合結果

ギラヴァンツ北九州(8位、勝点:20)

f:id:zenbuddhist:20170702181421j:plain

  1年でのJ2復帰を目指していたギラヴァンツが、シーズン半ばで8位であることにまずびっくり。リーグ戦では昇格争いのライバル長野と富山に2連敗中、天皇杯含めると3連敗中。サポーターはさぞかしストレスを溜めていることでしょう。本日のミクスタはかなりピリピリした雰囲気になるのではないでしょうか。

 

グルージャ盛岡(12位、勝点:15)

f:id:zenbuddhist:20170702181442j:plain

 前節では勝利出来なかったものの、強豪の一角鹿児島にスコアレスドロー。評価が難しい試合でしたが、得点ランキングトップの藤本選手擁する鹿児島相手に、失点ゼロだったことは評価してあげて良いのでは。

 

フォーメーション予想

f:id:zenbuddhist:20170706032229j:plain

 

 ギラヴァンツグルージャともに前節と同じスタメン予想。

 グルージャは益子選手、守田選手のところは垣根選手、鈴木選手に戻す可能性はあると思います。谷村選手は好調を維持しているようなので、そのままでしょう。 

 ギラヴァンツの注目選手はチーム内得点トップ(8得点)の池元選手。迫力あるドリブルで相手陣内に切れ込み、どんな体勢からでも枠内にシュートを打ってくる危険な選手です。

 

試合予想

 ギラヴァンツはオーソドックスな4-4-2のチーム。サイド攻撃が基本、2トップは水永選手が前線に張り付きポストプレー、池元選手が相手DF裏へ抜け出す動き、等が特徴。ギラヴァンツの両SBは攻撃偏重のようなので、両チームともサイドの裏を取り合う展開の試合となるのでは無いでしょうか。グルージャは両WBが重要な役割を担うことになると思います。

 ギラヴァンツは試合終盤の失点が多いので、グルージャとしては前半を何とか0―0で持ちこたえ、後半相手の足が止まった時間に速いパス廻しで翻弄させたいところ。

 天気が芳しくありませんが、パスを多用するグルージャにとってはボールが走るピッチ状態であって欲しい。個の強さではギラヴァンツが確実に勝っているでしょうから、ぬかるんだピッチでの肉弾戦的展開は何としても避けたいです。

 体格で劣るグルージャにとっては、相手のCK、FK、クロスには毎回肝を冷やされることでしょう。DF陣の我慢のしどころです。もちろん池元選手には、ゴール近くで前を向かせてボールを持たせてはいけません。

 厳しい闘いになると思いますが、個々の選手のクオリティはJ 2仕様であるギラヴァンツ相手に今のグルージャがどこまでやれるのか、非常に興味があります。地方スタジアムとしては既に日本一の呼び声もあるミクニワールドスタジアムで、グルージャの選手たちに思う存分暴れてきて欲しいです。待ってろ関門海峡